« 2016年10月18日 | トップページ | 2016年10月22日 »

2016年10月20日

脊椎矯正とカイロプラクティック・整体

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック


見損なってはならない背中の痛みを発生する疾患。


急性圧迫症状をともなう骨の症状や骨髄AVM破裂が原因のクモ膜下出血、膿胸、感染性の心内膜炎、胆嚢の炎症、総胆管に起こる結石、急性のすい臓炎、腎盂腎炎、大動脈解離(だいどうみゃくかいり)、腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)、腎梗塞、急性の溶血反応などが可能性がある。


整形外科疾病の人で見のがしてはならないのは脊髄圧迫を伴うものがある。

脊髄圧迫は膀胱直腸障害で区別すると好い。


シビレ程度では神経根症状の割合の方が高い。


麻痺が見て取れる場合だと腰部の疼痛が主訴にならない。


急な手術になるのはのは脊髄の圧迫による脊髄の損傷又は馬尾神経症候群、腹部大動脈破裂と急性大動脈破裂であります。

通常は腰背部痛では内科的な疾病を見そこなわない為に気を配ればいいのである。

外科的な病気ならば過去の病歴(急性慢性)や可動域制限(制限が無いケースでも痛みが増加・減少するのかなど)、骨をタップした時の痛み、ラセーグ徴候、X線などを診れば決定診断がつくことが多くある。


さらに、整形外科的な病気なら熱、悪寒は原則存在しない。


No.51
緊急性はないが注意すべき疾患
悪性新生物の骨への転移や腸腰筋膿瘍、椎間板の障害、脊椎圧迫骨折、脊柱管の狭窄、などがあげられます。

上下の椎骨同士がぶつかり、神経根を圧迫して強烈な振動痛や夜間の痛みが出現する椎間孔の狭窄も最近腰痛治療で注目されている。


No.52
神経学的診察
脊椎、脊髄疾患が推考された場合は神経学の検査の経験を利用して解剖学的な判断やレントゲン・MRIをするひつようあります。

下半身へ広がる疼痛が診られるケースでは、椎間板の障害の可能性が出てくる。


椎間板の損傷は9割程度ががL4・L5椎間板かL5/S1椎間板に起こると言われている。

背骨・脊髄の解剖学的な特質からL4・L5椎間板障害原因であればL5のみの症状かL5とS1の障害が予測され、腰椎5番・仙骨1番椎間板の異常仙骨1番だけの障害となる。

異常神経根を探し出すには反射、知覚、筋力らを調べるべきです。


No.53
反射
膝蓋腱反射、L4神経根が関係している。

これが低下すればL4障害などを考慮する。


アキレス腱反射。

S1神経根が関連している。

これが低下すれば仙骨1番神経障害などを考慮する。


No.54
知覚
L4、脛骨稜(スネ)の内側。


腰椎5番、脛骨(すね)の外側。


第1指と第2指の間。


S1。

足のうら、外くるぶしの下。


No.55
筋力
腰椎4番:足関節の内反と背屈。


L5:足趾の背屈。


仙骨1番。

足関節の外反と底屈、足の指の底屈。


これらの神経学的テストにより解剖学判断を行うことができる。


より定性的な所見には神経根症状をみる誘発診断などもあります。

特に利用できるのがラセーグ検査(ストレート・レッグ・レイズ・テスト)とというテストで仰向けで寝て膝関節を曲げない状態で脚を挙上する。

殿部から膝下に疼痛を訴えたらL5,S1の根症状を持っている可能性があります。

持ち上げた脚の反対の脚が痛みがでる事がありクロスSLRといわれます。


FNSテストと呼ばれているものもあり腹這の姿勢で膝の関節を曲げて脚をもちあげる。


腰椎3番,腰椎4番の神経根が障害されていると大腿の前面に疼痛が走る。


No.56
鑑別診断
下肢放散痛が出ている状況も椎間板ヘルニアではない別の病態を念頭に置く必要があります。


考慮する箇所としては骨盤・股関節などである。


股関節の疾病のときは股関節ががいせん拘縮することがおおく、あおむけで内旋障害が出るケースがたいはん。


骨盤の疾患、特に仙腸骨関節を診断するにはニュートン・テストが必用です。

このテスト法は仰臥位で腸骨を左右の後ろへ押圧し、恥骨を後方へ押圧する、続けて腹這で仙骨を圧迫するテスト方法です。

疼痛が感じられたら陽性で仙骨の病変が可能性を疑うことができる。


No.57
治療
画像診断などで診断がついたときは外科手術の対応などが考えられるが、急性腰痛症だけの決定診断の時は以下の治療方法などが考えられる。

基本的には筋肉を強くし、痛くならないようにする以外方法がなく、腰のサポートをする事以外にできることはあまりない。


安静にしていたならば人体が備えている自然治癒力により21日間程度から3ヶ月以内に自然に好くなることがほとんどです。


だが、動かないようになれず治らないうちに仕事を再開したことで再度悪くしてそれ以後慢性的にしてしまう場合も数多い。

外科的手術が必須なのは重度の椎間板の病変(下肢の感覚鈍麻や麻痺症状のひどいもの)や悪性腫瘍とかがある場合です。


強烈な疼痛の「急性腰痛症」だから、治療、施術は安静にして様子をみるか、安静+鎮痛剤+湿布(パラセタモール、非ステロイド性抗炎症薬)といった程度で保存的な処置方法が一般的です。






カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カイロプラクティックと脊椎・骨盤矯正

ブログ ブログ ブログ


見逃してはならない腰背部痛を発病する病態。


急性圧迫症状をともなう骨の症状や骨髄AVM破裂が原因のクモ膜下出血、膿胸、感染性心内膜炎、胆のうの炎症、総胆管の結石、急性膵臓炎、腎盂腎炎(じんうじんえん)、大動脈解離(だいどうみゃくかいり)、腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)、腎梗塞、急性の溶血反応などが考えられます。

整形外科疾患疾患で見そんじてはいけないのは脊髄の圧迫を伴うものがあります。


脊髄の圧迫は膀胱障害・直腸障害で判別すると良いようです。


痺れていどでは神経根症状の起こっている可能性の方が高い。

麻痺がある状況では腰(こし)の痛みは主訴にならない。


急な手術になるのはのは脊髄の圧迫による脊髄の損傷または馬尾症候群、腹部大動脈破裂と急性大動脈破裂がある。


基本的には背中の痛みでは内科的な疾患を見そこなわない為に気を配ればいい。


外科的な病気ならば過去の病歴(急性、慢性)や可動域制限(制限がなくても症状増加・減少するのかなど)、骨をタップした時の痛み、ラセーグ徴候、レントゲンによる検査を見れば診断ができることが沢山ある。

さらに、外科的な病態ならば発熱、寒気などは原則として無い。


No.51
緊急性は無いけれども注意しなければならない病気
悪性新生物の骨への転移や腸腰筋膿瘍、椎間板障害、脊椎の圧迫骨折、脊柱管の狭窄、などがあげられる。


上と下の椎体同士が触り、神経根を挟んで激しい振動痛や夜間の痛みがある椎間孔の狭窄もこのところ腰痛患者から注目されている。


No.52
神経学的診察
背骨、脊髄疾患が憶測できた場合は神経診断学の知識と経験を利用して解剖学的な診断やレントゲンやMRIを試す必要性があります。

下半身への広がる疼痛が診られる時では、椎間板障害が疑わしくなる。

椎間板障害は9割ほどががL4/L5椎間板かL5・S1椎間板に出ると言う。

背骨・脊髄の解剖学的な特質からL4/L5椎間板障害であった場合L5だけの障害かL5とS1の症状が考えられ、L5・S1椎間板の症状S1のみの障害となります。


障害された神経根を見付けるには知覚(ちかく)、筋力(きんりょく)、反射(はんしゃ)など調べる必用があります。


No.53
反射
膝蓋腱反射:腰椎4番神経根が関連している。


この神経が機能の低下を起こせば腰椎4番機能障害を考慮する。


アキレス腱反射:S1神経根が関連している。

これが機能低下すれば仙骨1番神経障害などを考える。


No.54
知覚
L4。

脛骨稜(すね)の内側。


L5:脛骨稜(すね)の外側。


第1指と第2指の間。


仙骨1番:足裏、外踝の下。


No.55
筋力
腰椎4番:足関節の内反と背屈。


腰椎5番。

足の指の背屈。


仙骨1番:足首の関節の外反と底屈、足趾底屈。


上記のような神経学的テストによって解剖学的判断を行うことができます。

さらに定性的なテスト方法としては根症状を診る誘発試験など利用できます。

特に有用なのがラセーグ徴候(ストレート・レッグ・レイズ)と呼ばれるものであおむけの状態で膝を曲げない状態にして下肢を挙上する。


お尻から膝下に痛みを発症したら腰椎5番,S1の神経根症状がある可能性があります。

上げた脚の反対の脚が痛むことがありCrossed SLRという。


FNS検査と言われるものもあり腹ばいの状態で膝関節を屈曲し脚を持ち上げるテスト。


腰椎3番,腰椎4番の神経根が影響されていると大腿の前面に苦痛が診られる。


No.56
鑑別診断
下肢の放散痛を認める状況には椎間板障害ではない他の原因を疑う必要がある。


疑う箇所は骨盤や股関節である。


股関節疾患のケースは股関節ががいせんでこうしゅくとき多く、あおむけで内旋障害が出る場合が大半。


骨盤の疾患、特に仙腸骨関節をテストするにはニュートンテストが有用である。


このテスト方法は仰臥位で腸骨を左右の後方へ押圧し、恥骨を後ろへ押圧する、続いて腹這で仙骨を押圧するテストです。


疼痛を感じたら異常ありで仙骨病変が可能性を疑うことができる。


No.57
治療
レントゲンやMRIで決定診断が着いたときは外科的処置の適応などが考えられるが、急性腰痛症のみの判断の状況は以下のような対処などが考えられる。


基本的には筋肉を強くし、痛みが出ないようにする方法以外方法がなく、腰のサポートをする事以外にできることはあまりない。

体を使わないようにしていれば人体が備えている治癒力で21日間程度から12週以内に自然に回復することがほとんどである。

だが、動かないようにしてられずあまり良くならないうちに運動を再開してしまう再発してそれが要因になり慢性的な病態にしているケースも多くある。


手術が必須なのは重症の椎間板障害(下半身の感覚鈍麻や麻痺症状の重い症状のもの)や癌があるときだけである。


強烈な症状の「急性腰痛症」なので、治療方法・施術方法は安静にして経過を観察するか、湿布、鎮痛剤、安静(パラセタモール、非ステロイド性抗炎症薬)ほどで保存的な処置方法が普通です。






ブログ
ブログ
カイロプラクティック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月18日 | トップページ | 2016年10月22日 »