« 2015年11月4日 | トップページ | 2015年11月6日 »

2015年11月5日

背骨矯正とカイロプラクティック・整体



欧州では公道でのテストはできない。

今でもテストする場所を探すことで苦労している」と述べた。

ただそれを量販できるかどうかというのはやはり誰が何を決めるかによる。

量販できるか否かは行政次第になる」と指摘。

その上で「実際に自動運転を導入する準備ができている国があるとすれば、それは日本だと思う。

従って20年には私達は準備ができているということ。

ゴーンCEOは「私たちの仕事はまず技術を揃えるということ。

なぜなら日本では公道での自動運転のテストが可能だからだ。

信頼できる技術、デバイスが揃い、市街地での自動走行が可能になるのが2020年。


声明では、「次回会合では雇用や物価の進展について精査する」として、12月の会合で利上げするかどうかを見極める姿勢を示した。

米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は28日、2008年から続けている実質的な「ゼロ金利」政策を維持することを決めた。

声明では、米国経済は「緩やかに拡大している」との景気判断は維持したものの、雇用回復のペースについては「減速した」と判断を引き下げた。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

脊椎矯正と整体

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



司会役の調布市立図書館(東京都)の小池信彦館長が「それは微妙な問題で……」と言葉を濁す場面もあった。

 佐藤社長は、ある人気作家の過去作品を例に、全国の図書館が発売から数カ月で貸し出した延べ冊数の数万部のうち、少しでも売れていれば増刷できていた計算になると説明。

「増刷できたはずのものができなくなり、出版社が非常に苦労している」。

10月半ば、東京都内で開かれた全国図書館大会の「出版と図書館」分科会。

図書館関係者が多くを占める会場で、新潮社の佐藤隆信社長が、売れるべき本が売れない要因の一つは図書館の貸し出しにある、と口火を切った。

新潮社を旗振り役に大手書店やエンターテインメント系作家らが、著者と版元の合意がある新刊について「貸し出しの1年猶予」を求める文書を、11月にも図書館側に送る予定だ。


ロイター通信によると、イージス駆逐艦「ラッセン」はベトナムやフィリピンが領有権を主張する岩礁の12カイリ内にも進入しており、特定の国に肩入れしない「中立性」を強調する行動とみられている。

 陸局長は、今回の作戦が国際法などにどう違反するかについては言及しなかった。

陸局長の発言は、こうした立場に基づいたものとみられる。

これに対し、陸局長は「自らの行動を米国がどう説明しようと、それは彼らの事情だ」と米国の説明を突っぱねた。

国連海洋法条約では、他国の領海内でも安全を害さない「無害通航」であれば軍艦を含む艦船の航行を認めている。

米海軍のイージス駆逐艦が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国が埋め立てた人工島から12カイリ(約22キロ)の海域内を航行したことについて、中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は28日の定例会見で、「国連海洋法条約などの国際法と中国の関連する法律に違反した」と改めて批判した。

また、中国は南シナ海のほぼ全域を9本の破線で囲った「九段線」の範囲内に主権と権益が及ぶと主張している。

米国は作戦の「中立性」を強調しているが、中国は主張を受け入れない構えを鮮明にしている。

しかし、中国が1992年に制定した領海法では、他国の軍艦が領海内を航行する場合には中国側の許可を得るよう義務づけている。


領土問題などそれ以外の紛争については、ICJを引き続き活用する。

 今後は国連海洋法条約に基づき、国際海洋法裁判所(ITLOS、ドイツ・ハンブルク)などで紛争解決を図る。

 南極海の調査捕鯨に関して、政府はICJ判決に従い、昨年度は捕獲を伴わない目視調査にとどめた。

この敗訴を踏まえ、政府は専門家の訴訟関与など、より専門的な見地からの紛争処理が可能なITLOSなどを優先することにした。

今年度は捕獲頭数などを削減した上、冬にも再開したい考えだ。

このため政府は今月6日、海洋生物資源に関する分野をICJの管轄から除外することを通知。

政府が、捕鯨など海洋生物の調査や管理に関する国際紛争について、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)での裁判には原則応じない方針を国連に通知したことが28日、分かった。

外務省などによると、ICJの訴訟では、あらかじめ特定分野を対象から除外できる。

 ICJは昨年3月、日本が行っている南極海の調査捕鯨について、「科学的調査とは言えない」などとして中止を命じた。


氷に覆われた海に生命の発生可能な条件が備わっているとされる土星の衛星エンケラドスの岩石は、地球の岩石と異なり隕石(いんせき)に近い組成であることを、東京大と海洋研究開発機構などの研究チームが明らかにし、27日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

 東大大学院の関根康人准教授らは、プルームに含まれる微粒子ナノシリカの生成を実験で再現。

 こうした岩石は鉄を多く含み、水との反応で水素が大量に発生する。

研究チームは今回、別の実験で、熱水と反応しているエンケラドス内部の岩石の組成を推定。

過去に高熱で溶けたことがある地球の岩石と異なり、隕石や小惑星のような組成でないと、ナノシリカが生成されないことを突き止めた。

原始的な微生物が「食料」にする水素が発生しやすい環境と考えられるという。

エンケラドスは直径約500キロで、表面は氷で覆われている。

米航空宇宙局(NASA)はカッシーニをプルームに突入させ、成分を分析する。

今年3月、エンケラドスの海に90度以上の熱水が発生していることを明らかにした。

米欧の探査機カッシーニが2009年、南半球の氷の下に海が存在し、氷の粒や塩分を含む蒸気(プルーム)が噴き出す様子を確認した。

水素は原始的な微生物がエネルギー源に利用しており、関根准教授は「生命の存在可能性としてはプラスになる」と話している。








ヘルニア .
ヘルニア .
ヘルニア .
ヘルニア .
ヘルニア .
ヘルニア .
緊張型頭痛を改善しよう! .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月4日 | トップページ | 2015年11月6日 »