« ニュースのことを知る | トップページ | 知らなかったニュース »

知らなかったニュース

exciteMARUTAGoogle

No.39注意すべき腰痛。

腰椎脊柱管狭窄症や椎間板の異常は整形学検査やCTやMRIの診断でほとんどは決定診断できるようです。

しかし中には、整形外科的疾患の中にも注意の必要のある腰部(ようぶ)の疾患があり次項に列記する。

No.40脊椎分離症。

腰椎分離症は若年者における慢性の腰の痛みの要因の一つです。

思春期の運動などが要因となっていることが多いようです。

主な症状は腰の痛みですが、分離部分に増生した繊維軟骨組織が神経の出口を押さえるすることで脚の痛みや痺れを発生することがある。

No.41骨粗鬆症製脊椎圧迫骨折。

骨粗しょう症性脊椎圧迫骨折は年配者が転倒した時に、又は腰をちょっと捻ったその後に発する強い耐えられないほとの痛みのであります。

損傷すぐ後はX線による検査では病変箇所がなくとも時間の経過とともに椎体の圧迫が進む状況がある。

受傷した椎体後壁が脊柱管内に突出し神経の組織を圧迫することもある。

No.42ブログブログブログ

頭突キング

|

« ニュースのことを知る | トップページ | 知らなかったニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078337/60742591

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかったニュース:

« ニュースのことを知る | トップページ | 知らなかったニュース »