« 英国の高校で「スカート禁止令」 賛否両論あるが、日本でも意外に多い「支持派… | トップページ | 話題のニュース »

知らなかったニュース

YahooGoogle

No.39注意すべき腰痛。

腰部脊柱管狭窄症や椎間板の損傷は臨床所見やCT検査やMRI検査の所見でおおかた決定診断できます。

だがしかし中には、外科疾患の中にも注意しなければならない腰部(ようぶ)の病気があり後述する。

No.40脊椎分離症。

腰椎分離症(ようついぶんりしょう)は若い人における慢性の腰部の疾患の原因の一つであり、青年期の運動などが原因となっていることが多くあります。

主な苦痛は腰痛(ようつう)ですが、分離部分に増生した繊維軟骨組織が背骨の神経の出口を押さえるすることで脚の痛みや痺れを示すことがある。

No.41骨粗鬆症製脊椎圧迫骨折。

骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折は年寄りが倒れた時に、又は腰(こし)のところを軽く捻った後に発する強い急性腰椎症である。

傷めた直後はX線による検査では異常個所が見付かってなくとも時間とともに背骨の圧迫が進む場合があるということです。

受傷した椎体後壁が脊柱管内に膨隆し神経線維を押さえつける場合もあります。

No.42ブログブログブログ

姿勢矯正・猫背矯正

|

« 英国の高校で「スカート禁止令」 賛否両論あるが、日本でも意外に多い「支持派… | トップページ | 話題のニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078337/60742214

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなかったニュース:

« 英国の高校で「スカート禁止令」 賛否両論あるが、日本でも意外に多い「支持派… | トップページ | 話題のニュース »