« ニュース | トップページ | ニュースを知りたい »

ニュースを知りたい

excite忍者Google

腰痛(ようつう)とは、腰(こし)の周辺に痛み発赤などを覚える状態を指し示す一般的な語句。

腰(こし)の疼痛の要因は、身体の姿勢にあるとの昭和51年のナッケムソンの指摘以後、欧州ヨーロッパでは作業中・家事労働中などの予防が行われている。

老人の腰の痛み椎間板損傷や脊柱管狭窄は、年寄りには非常にありふれていて、レントゲン・CT・MRIではほとんどの年寄りには見られるが、たいていの場合には、それは腰部の疼痛の原因ではありません。

それは、ときどき手術を行う根拠にされるが、その外科的手術が成功して最終的に腰の疼痛が治癒することはまれにしかない。

NO.1腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰の周辺に疼き炎症などを感じる状況を指す一般的な語句。

姿勢による腰痛の予防。

腰痛の要因は、日常の姿勢にあると1976年のナッケムソンの指摘以降、欧州では就業中・家事労働中などの予防が行われている。

米国での腰痛事情。

米国おいては、多くの患者の腰の症状は原因をはっきり示すことのできない非特異的腰痛である。

この事について、ナッケムソンは歴然たるアカデミーの問題点を示唆されています。

アメリカでは、腰痛の為に1年間に日本円にすると1000億円以上が失われていると計算されています。

筋骨格系の腰痛と、それ以外の腰痛の割合。

腰痛患者のうち、骨折、感染症、がん、変性疾患など、要因の明確なものは15%程度であり、それ以外の85%くらいは、原因箇所の特定できない非特異的腰痛である。

画像検査で異常があっても、それが腰痛の原因であるとは断定できません。

ブログブログブログ

みるい熊

|

« ニュース | トップページ | ニュースを知りたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078337/60714670

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースを知りたい:

« ニュース | トップページ | ニュースを知りたい »