« 練馬、板橋で首切られたネコの死骸 続発する残虐行為に「次は...」と不安高… | トップページ | 知らなかったニュース »

話題のニュース

HatenaココログGoogle

腰痛(ようつう)とは、腰(こし)周辺に痛み発赤などを感じ取る状況を指す一般的な語句。

腰部の痛みの原因は日常生活の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの提言以後、欧州では労働中・炊事洗濯中などの対策が行われている。

年配者の腰の痛みヘルニアや脊柱管狭窄は、高齢者にはありふれていて、画像検査では、おおかたの年寄りにはみうけられるが、ほとんどの場合には、それは腰部(ようぶ)の疾患の原因ではない。

それは、時々外科的処置実施する理由にされるが、その手術が成功して結果的に腰(こし)の疼痛が軽快することは少ないのである。

NO.1腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、ウエスト周辺に痛み、炎症などを覚える状態を指す一般的な語句。

姿勢による腰痛の予防。

腰痛の要因は生活の中での姿勢にあると1976年のナッケムソンの指摘以後、欧州では仕事中・家事労働中などの予防がされている。

米国での腰痛事情。

アメリカおいて、おおくの患者の腰の症状は、要因をはっきり示すことのできない非特異的腰痛である。

この原因について、ナッケムソンははっきりと学会の問題指摘されています。

アメリカでは、腰痛のために1年間に日本円にすると1000億円以上が失われていると算出されています。

筋骨格系の腰痛と、それ以外の腰痛の割合。

腰痛全体で、骨折、感染症、がん、変性疾患など、要因の特定できるものは15%ほどであり、それ以外の85%ほどは、原因箇所の決められない非特異的腰痛である。

画像検査で異常個所が発見されても、そのことが腰痛の原因であるとはかぎりません。

ブログブログブログ

MJ

|

« 練馬、板橋で首切られたネコの死骸 続発する残虐行為に「次は...」と不安高… | トップページ | 知らなかったニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078337/60714542

この記事へのトラックバック一覧です: 話題のニュース:

« 練馬、板橋で首切られたネコの死骸 続発する残虐行為に「次は...」と不安高… | トップページ | 知らなかったニュース »