« 2015年7月16日 | トップページ | 2015年7月18日 »

2015年7月17日

ニュースについて知りたい

楽天AmebaGoogleNo.45梨状筋症候群。

梨状筋症候群は臀部周りの疼痛と坐骨神経の痛みとシビレで、病態の特徴としては座位で増悪し、ウォーキング、起立で回復傾向があるようです。

梨状筋部分でのTinel様徴候やFreiberg testやPace testなども参考になります。

画像診断のみで確定診断をするのは困難です。

No.46腹部、骨盤内の疾患。

消化器系の臓器の悪性腫瘍、子宮内膜症や卵巣腫瘍などの婦人科系疾患、大動脈瘤などが腰部の疼痛を起こす可能性がある。

No.47赤旗徴候。

出合う可能j性が低いといっても重大疾患を初診時に見逃すわけにはいかないので赤旗徴候(red flags)となる症状を見つけ出すことが大切でありあます。

レッドフラッグとして以下のことが知られています。

30日間以上継続する腰(こし)の疼痛。

夜寝る時の安静にしている時の痛み(稼動時は除く)。

50歳より上の人は悪性新生物、70歳より年上の人は背骨の圧迫骨折の確立が高まる。

悪性腫瘍の既往歴。

体重が減ってくる。

脊椎の叩いた時の痛み。

熱、細菌の感染。

負傷の既往。

馬尾神経圧迫症状(膀胱直腸障害)。

ステロイド薬の使用。

これらの症状が見つかったときは改めて詳細な検査が必要だが、該当する病歴がないのであればレントゲンやCTやMRIのようなものもする必要なしと考えている。

30日経過して腰の症状が維持したら精密な検査を改めて行うというやり方で大丈夫です。

ブログブログブログ

姿勢矯正・猫背矯正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを知りたい

excite忍者GoogleNo.45梨状筋症候群。

梨状筋症候群は臀部周辺の疼痛と坐骨神経の痛みと痺れで、疾病の特徴として座位で増悪し、歩くこと、立った姿勢で軽快傾向があります。

梨状筋部分でのTinel様徴候やFreiberg testやPace testなども助けになっています。

CTやMRIのみで決定診断を行うのは困難であります。

No.46腹部、骨盤内の疾患。

消化器系の臓器の悪性腫瘍、子宮内膜症や卵巣腫瘍などの婦人科系疾患、大動脈解離などが腰部の疾患を引き起こす可能性があり得る。

No.47レッドフラッグ。

出合う可能j性が低いとはいっても重大な疾病を初見時に見落とす訳にはいかないので赤旗徴候(red flags)となる病状を診断するのが大切でありあます。

赤旗徴候には後述のようなことが知られています。

4週間以上痛みの回復しない腰の疼痛。

夜寝るときの安静にしている時の痛み(動いた時は除く)。

50歳より年上の人は癌、70歳より上の人は椎骨の圧迫骨折の頻度が高い。

癌の既往歴。

痩せてくる。

脊椎の打診痛。

発熱、細菌の感染。

怪我の既往歴。

馬尾神経圧迫症状。

ステロイドの使用。

以上これら病態が見てとれたケースはあらためて詳細な検査が必要だ。

該当する病歴がなければ画像診断などもいらないとしている。

一月経っても腰の症状が継続したら詳細な検査をしてもらうというような手順で大丈夫です。

ブログブログブログ

カイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースついて…

楽天gooGoogleNo.45梨状筋症候群。

梨状筋症候群は臀部周辺の疼痛と坐骨神経の症状であり、苦痛の特徴として椅子の座った姿勢で増悪し、歩くこと、起立姿勢で減少傾向があるようです。

梨状筋周りでのTinel様徴候やFreiberg testやPace testなども助けになっています。

画像診断のみで確定診断を行うのは困難です。

No.46腹部、骨盤内の疾患。

消化器系の悪性腫瘍、子宮内膜症や卵巣腫瘍などの婦人科系疾患、大動脈瘤などが腰の疼痛を起こす可能性がある。

No.47赤旗徴候。

出あう確率が少ないと言っても重要な疾患を初めに見逃す訳にはいきませんので赤旗徴候(red flags)となる病歴を診断するのが、必用です。

赤旗徴候としては、以下のことが認知されています。

1か月以上継続して続く腰(こし)の病気。

夜間寝る時の安静時痛(寝返り時は除く)。

50歳より年上の人は悪性新生物、70歳より年上の人は背骨の圧迫骨折の確立が高い。

悪性腫瘍の既往。

体重の減少。

脊椎の叩いた時の痛み。

熱、細菌の感染。

負傷の既往歴。

馬尾神経の圧迫症状(膀胱直腸障害)。

ステロイド薬の使用。

これらの徴候が見てとれたときはあらためて詳しい検査が必要だ。

該当する既往歴が無いのであればレントゲンやCTやMRIのようなものもする必要はないと思われる。

一月経っても疼痛が連続したら詳細な検査をやるというような形で十分です。

ブログブログブログ

画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースついて…

excite忍者GoogleNo.45梨状筋症候群。

梨状筋症候群は臀部痛と坐骨神経の痛みとシビレで、苦痛の特徴は座った姿勢で悪化し、歩くこと、立った姿勢で軽減傾向がある。

梨状筋部分でのTinel様徴候やFreiberg testやPace testなども参考になっています。

画像検査のみで診断をくだすのは困難であります。

No.46腹部、骨盤内の疾患。

消化器系の臓器の悪性新生物、子宮内膜症や卵巣腫瘍などの婦人科の疾患、大動脈瘤などが腰の痛みを引き起こす可能性があり得る。

No.47赤旗徴候。

確立が低いとは言っても重大な病気を初回に見落とす訳にはいかないので赤旗徴候(red flags)となる徴候を探し出すことが、基本である。

赤旗徴候として、以下のようなものが認知されています。

4週間を超えて続く腰部(ようぶ)の痛み。

夜寝る時の安静時痛(稼動時は除く)。

50歳より年上の人は悪性新生物、70歳以上は椎骨の圧迫骨折の頻度が高い。

癌の既往歴。

体重が減ってくる。

椎骨の叩いたときの痛み。

発熱、細菌感染。

負傷の既往。

馬尾神経圧迫症状(膀胱直腸障害)。

ステロイド使用。

以上このような症状が現れた状況はあらためて詳しい検査が必要だ。

該当する既往が無いのであればエックス線・MRIなども必用無いと考えている。

4週間経った時点で腰の疼痛が存続したら精密検査をするというような手順で十分です。

ブログブログブログ

浜松市・植木・造園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるニュース

楽天AmebaGoogleNo.45梨状筋症候群。

梨状筋症候群は臀部周辺の痛みと坐骨神経痛で、疾病の特徴は、腰掛けた姿勢で悪化し、歩行、立った姿勢で改善する傾向があります。

梨状筋周りでのTinel様徴候やFreiberg testやPace testなども参考になっています。

レントゲンやMRIのみで診断をくだすのは困難であります。

No.46腹部、骨盤内の疾患。

消化器系の悪性腫瘍、子宮内膜症や卵巣腫瘍のような婦人科系の疾患、大動脈瘤などが腰(こし)の痛みを引き起こし得る。

No.47レッドフラッグ。

出合う可能j性が少ないと言っても重大疾患を初回に見落とすわけにはいきませんので赤旗徴候(red flags)となる症状を探すのことが、重要です。

赤旗徴候には次の様なことが知られている。

1か月以上回復しない腰部の疾患。

夜寝るときの安静にしている時の痛み(動いた時は除く)。

50歳以上は悪性新生物、70歳以上は椎体の圧迫骨折の可能性が高まる。

悪性新生物の既往。

痩せてくる。

背骨の打診した時の痛み。

熱、細菌感染。

怪我の既往。

馬尾神経圧迫症状。

ステロイド薬の使用。

このような徴候があった場合はあらためて精密検査が必要だが、該当がなければ画像診断なども不要と考えている。

30日過ぎた時点で腰痛が保持したら精密な検査を勧めるという段取で大丈夫です。

ブログブログブログ

姿勢矯正・猫背矯正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるニュース

SO-netJUGEMGoogleNo.45梨状筋症候群。

梨状筋症候群は臀部周りの疼痛と坐骨神経の痛みとシビレであり、苦痛の特徴は椅子の座った姿勢で増悪し、ウォーキング、起立で回復傾向があります。

梨状筋部分でのTinel様徴候やFreiberg testやPace testなども参考になります。

CT検査やMRI検査のみで確定診断をするのは困難である。

No.46腹部、骨盤内の疾患。

消化器系の悪性腫瘍、子宮内膜症や卵巣腫瘍などのような産婦人科疾患、大動脈瘤などが腰部(ようぶ)の疼痛を起こす可能性がある。

No.47レッドフラッグ。

出あう確率が低いとは言っても重要な疾病を初見に見落とすわけにはいきませんのでレッドフラッグ(red flags)となる病歴を診断するのが重要でありあます。

赤旗徴候として以下の様なものが認知されています。

30日間を超えて軽減しない痛みの軽減しない腰部の痛み。

夜寝る時の安静にしている時の痛み(寝返り時は除く)。

50歳より上の人は癌、70歳より上の人は椎体の圧迫骨折の可能性が高くなる。

悪性新生物の既往。

痩せてくる。

脊椎の叩いたときの痛み。

発熱、細菌感染。

外傷の既往歴。

馬尾神経の圧迫症状(膀胱直腸障害)。

ステロイド使用。

これらの兆しがあったケースは改めて精密な検査が必要だ。

該当するものがなければレントゲン・MRIなども不要と考えられる。

30日間経過して腰部(ようぶ)の疼痛が持続したら詳しい検査をやってみるというような段取りでOKです。

ブログブログブログ

カイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースについて考える

excite忍者GoogleNo.45梨状筋症候群。

梨状筋症候群は臀部周りの疼痛と坐骨神経の症状であり、痛み・シビレの特徴は腰掛けた姿勢で症状が悪化し、歩くこと、起立で治癒傾向がある。

梨状筋部分でのTinel様徴候やFreiberg testやPace testなども助けになる。

画像診断のみで判断をくだすのは困難です。

No.46腹部、骨盤内の疾患。

消化器系の臓器の悪性新生物、子宮内膜症や卵巣腫瘍のような婦人科系疾患、大動脈解離・大動脈瘤などが腰痛(ようつう)を引き起こす可能性がある起こす可能性があり得る。

No.47レッドフラッグ。

可能性が少ないといっても重要な疾患を初見時に見落とすわけにはいきませんから赤旗徴候(red flags)となる病歴を探し出すが大切である。

レッドフラッグには以下の様なことが認知されています。

30日を超えて痛みの減少しない腰痛(ようつう)。

夜の安静時痛(稼動時は除く)。

50歳より年上の人は癌、70歳以上は背骨の圧迫骨折の頻度が高い。

悪性新生物の病歴。

体重が減ってくる。

椎骨の打診痛。

発熱、細菌の感染。

負傷の既往歴。

馬尾神経圧迫症状(膀胱直腸障害)。

ステロイド薬の使用。

このような徴候があったケースはあらためて精査が必要だが、該当する病歴がないのであれば画像検査のようなものも不要と思われている。

30日間過ぎた時点で腰(こし)の痛みが連続したら詳細な検査を改めてするというような方法でいいようです。

ブログブログブログ

姿勢矯正・猫背矯正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月16日 | トップページ | 2015年7月18日 »