« 2015年7月9日 | トップページ | 2015年7月11日 »

2015年7月10日

話題のニュース

SO-netJUGEMGoogle

腰痛の保存的治療。

米国の腰痛ガイドラインは、非特異的腰痛に対して、以下のような保存的治療を推奨している。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

抗うつ剤。

ペンゾジアゼビン(抗不安薬)。

弱オピオイド。

非薬物療法。

手技療法。

マッサージ。

鍼治療。

灸。

ヨガ。

リハビリ。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

おおまかに見れば突然の腰部の疼痛の予後はよい。

疼痛と機能障害は、大抵、最初の6週間程度で大きく改善する。

完全に痛みの消失する患者は、腰の痛みを訴える患者の40%から90%になる。

大多数の患者では、1年後の状態で、症状と機能障害の状態は、少ない~最小限である。

六週間経過しても症状のある患者は、回復は次第に遅くなり、一年が過ぎても、改善は微々たるものである。

突然の腰部の疼痛が起きたあとの長期てきな見通し支配する要因は、症状のレヴェル以前の腰部の疼痛の体験、会社の満足度である。

うつ病、仕事を失った不幸など心理的な悩みがあると、腰部の痛みは疼痛が減少しにくくなるケースがある。

初めての腰の疼痛が起きた後に、半分以上の患者では、腰の疼痛の再発が起こる。

再発した腰痛おいて、短期的な見通しは良好であります。

初めの42日間はよく治癒するが、その後の治癒はほんの少しである。

慢性腰痛を持つ人は、1年後にも、中等度の症状と機能障害を患い続けていることが多い。

腰部の症状が原因の長期的な機能の障害をかかえるようになる危険が大きいのは、腰の症状なかよく付き合うのが苦手な患者や、体を働かせることを恐れる患者(1年後の時点で、2.5倍も多く機能の障害をわずらう)や、機能的な障害を持つ人や、全体的な健康度合いが低い患者や、症状に精神的・心理的な要素がある人である。

わが国指針「外来診療」では、後述の通りであります。

神経学的に異常なサインが認められず、画像所見に異常がないケースでは、3日から1週間くらいで腰部の痛みは改善する。

1~2週間で減少しない場合には、原因診断が必須で、再検査が必要となる。

できるだけこれまでどうりの生活を続け、早目に仕事に復帰した方が、腰部の痛みは長引きにくい。

アメリカ・ハーバード大学のLandon 教授は次のように述べている。

「慢性的な腰の痛みでは、大抵のケース90日以内に疼痛は自然に治癒する。

画像検査や薬物注入や外科手術をしても、長期的にはほとんど変わりません。

それらは、腰部で起こっている状態に、ほとんど効用を与えない。

逆に病状を悪くさせている場合がありえる」。

WHOの「腰痛イニシアティブ」は、以下のようにいっいるて。

「慢性的な腰の症状では、大抵の時は、症状は2、3週間以内に改善するしています。

様々なやり方の施術方法を使っても、あるいは少しもしなくても、腰痛は自然と治癒する。

だがしかし、いちど腰部の症状が慢性化すると、効能の期待できる療法は、ほとんどない。

そのため、腰部の痛みの慢性化をくいとめるが、治療の最も重要な目標となる。

エクササイズは、腰の症状の疼痛のある期間を短くし、日常生活の質を良くする。

ステロイド薬は、経口でも非経口でも硬膜外注入でも、使用するメリットは存在しない。

椎間関節への薬物の注射は、ほぼ値打ちはない」。

ブログブログブログ

浜松市・植木・造園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースのことを考えよう

SO-netJUGEMGoogle

腰痛の保存的治療。

アメリカの腰痛のガイドラインは、非特異的腰痛に対して、後述のような保存的な療法を推奨しています。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

抗うつ剤。

ペンゾジアゼビン(抗不安薬)。

弱オピオイド。

非薬物療法。

手技療法。

運動療法。

マッサージ。

鍼治療。

灸。

ヨガ。

リハビリ。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

全般的に言えば、急性の腰痛のその後は明るい。

腰部の痛みと機能障害は、大抵、初期の6週間の内に大きく回復します。

完全に痛みの消える患者は、腰の痛みを訴える患者の40%から90%になります。

大部分の人では、1年後の時点で、痛みと機能障害のレヴェルは、少ない~最小限である。

42日間後疼痛のある患者は、症状の減少は、じょじょに遅くなり、12ヶ月が経過しても、治癒はほんの少しである。

突然の腰部の痛みが発生したあとの長期てきな予後を左右する要因は、苦痛の度合い、前の腰の痛みの経験、会社の満足度である。

うつ病、仕事を失った不運など心理的な悩みがあると、腰の症状は痛みが減少しにくくなるケースがあります。

最初の腰部の症状が出た後に、半数以上の患者は、腰部の症状の再発が見受けられる。

再発した腰部の痛みにおいても、短期的な見通しは良好です。

最初の6週間は良く治癒するが、それ以後の治癒はごくわずかである。

慢性腰痛をかかえる人は、1年後にも、中等度の痛みと機能障害を患い続けているケースが多い。

腰部の痛みによる長期的な機能の障害を持つようになるリスクが大きいのは、腰の症状と上手に付き合うのが苦手な患者や、肉体を動かすことを恐がる患者(1年後の時点で、2.5倍も多く機能障害を患う)や、機能的な障害を持つ人や、トータル的な健康度合いが低い患者や、症状に精神的な原因がある患者である。

我が国の腰痛の指針「外来診療」では、後述の通りである。

神経学的に異常な兆候が診られず、CTやMRIの所見におかしな所が時では、3日から1週間で腰部の症状は消失する。

7~14日間で軽減できない場合は、原因診断が不可欠で、改めて検査が必要となります。

できるだけこれまでどうりの生活を保ちつつ、なるべく早目に職場に復帰した方が、腰部の疼痛は長引きにくい。

米国ハーバード大学のLandon 教授は後述のように述べている。

「慢性的な腰の症状は、多くの場合に90日以内に苦痛は自然に治癒する。

画像検査や薬物注入や外科手術をしても、長期的には全く変わりません。

それらは、腰の処で起きていることに、全く影響力を与えることはない。

それどころか原因を悪化させている場合がありえる」。

世界保健機関の「腰痛イニシアティブ」は、以下のように語っている。

「慢性的な腰痛では、大多数のケースは、病状は2から3週間以内に治癒するする。

どんなやり方療法を用いても、あるいは何も用いなくても、腰部の疼痛は自然に収まる。

しかし仮に、一度腰の疼痛が慢性化すると、効能のある治療方法は、ほとんどない。

それで、腰痛の慢性化を予防するが、治療の主の目的となる。

トレーニング・プログラムは、腰部の疼痛の苦痛のある期間を短期にし、生活の質を向上させる。

ステロイド薬は、経口でも非経口でも硬膜外注入でも、使用するメリットはありません。

椎間関節への薬物注入は、大抵価値は無い」。

ブログブログアンビエント系 音響系

カイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らなかったニュース

ココログココログGoogle

腰痛の保存的治療。

米国の腰痛のガイドラインは、非特異的腰痛に対し、以下のような保存的な治療法を推奨している。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

非ステロイド消炎鎮痛剤。

筋弛緩薬。

抗うつ剤。

ペンゾジアゼビン(抗不安薬)。

弱オピオイド。

非薬物療法。

手技療法。

運動療法。

マッサージ。

鍼治療。

灸。

リハビリ。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

全般的に言えば、突然の腰の痛みの見通しはいい。

疼痛と機能障害は、たいてい、最初の6週間の内に大幅に改善します。

完璧に疼痛の消える人は、腰痛患者の40%から90%になる。

ほとんどの患者では、1年後の時点で、症状と機能障害の値は、少ない~最小限である。

六週間経っても症状のある患者は、疼痛の減少は、徐々に遅くなり、1年が経っても、疼痛の減少は、はごくわずかである。

突然の腰部の疼痛が出たあとの長期的な予後をコントロールする要因は、疼痛の度合い、以前の腰の症状の体験、仕事の満足度である。

うつ病、仕事を失くした悲運などの心理的なトラブルがあると、腰痛は症状が減少しにくくなることがあります。

一番最初の腰痛が発生したあとで、半数以上の人では、腰部の痛みの再発が見られる。

再発した腰の疼痛おいて、短期の見通しは良好である。

最初の6週間は良く回復するが、それから先の回復はごくわずかである。

慢性的な腰部の症状を抱える患者は、12ヶ月後にも、中等度の症状と機能障害を抱え続けていることが多い。

腰の痛みによる長期的な機能障害をかかえるようになる危険が高いのは、腰部の症状とじょうずに付き合うのがうまくない患者や、肉体を働かせることを怖れる患者(1年後の時点で、2.5倍も多く機能障害をかかえる)や、機能的な障害をかかえる患者や、トータル的な健康度合いが乏しい患者や、痛みに心理的な原因がある人である。

日本の腰痛ガイドライン「外来診療」では、以下の通りである。

神経学的に異常サインが発見されず、CTやMRIの所見におかしな所が無いケースでは、3日から1週間程度で腰の症状は軽減する。

1~2週間で減少しないケースは、原因診断が必須で、さらに検査が必要となります。

できるだけ日常生活を続けて継続して、早期に職に復帰した方が、腰の症状は長くわずらいにくい。

アメリカ・ハーバード大学のLandon 教授は以下のように述べている。

「非特異的腰痛では、殆どの場合に3ヶ月以内に痛みは自然と治る。

CT検査やMRI検査や薬物注入や外科的手術を行っても、長期の予後はほとんど変わらない。

それらは、腰のところで起きている状態に、全く影響力を与えない。

反対に疾病を悪化させている診こみがありえる」。

世界保健機関WHOの「腰部の症状イニシアティブ」は、以下のように語っている。

「慢性的な腰部の症状では、大多数のケースでは、症状は2、3週間以内に終息するようです。

様々な種類の療法を使っても、又は全然利用しなくても、腰の疼痛は自然と終息する。

だがしかし、いちど腰の疼痛が慢性的化すると、有効性の実感できる治療方法は、ほとんど無くなる。

それで、腰の痛みの慢性化を予防するが、治療のおもな目標となる。

運動エクササイズは、腰部の疼痛の疼痛のある期間を短期にし、普段の生活の質を良くさせる。

ステロイド系の薬は、経口でも非経口でも硬膜外ブロック注射でも、用いる値打ちはないようである。

椎間関節への薬物の注射は、多くの場合値打ちはない」。

ブログブログブログ

浜松市・植木・造園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースのことを考えよう

YahooGoogle

腰痛の保存的治療。

アメリカの腰痛診療ガイドラインは、非特異的腰痛に対し、以下のような保存的な方法を勧めている。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

抗うつ剤。

ペンゾジアゼビン(抗不安薬)。

非薬物療法。

手技療法。

マッサージ。

鍼治療。

ヨガ。

リハビリ。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

全般的に見れば急性の腰の痛みの予後は良い。

痛みと機能障害は、だいたい、最初の6週以内に大きく回復する。

完全に疼痛の回復する人は、腰の症状を訴える患者の40%から90%に達します。

大抵の患者では、1年後の時点で、痛みと機能障害の度合いは、少ない~最小限である。

1ヶ月半経過しても痛みのある人は、痛みの減少は、次第にスローになり、1年が経っても、疼痛の減り方はわずかである。

急性の腰の疼痛が出たあとの長期的な見通しコントロールする要因は、疼痛の度合い、前の腰の症状の経験、職場の満足度であります。

鬱病働き口を失った不幸などのメンタル的な問題があると、腰痛は治癒しにくくなる場合があります。

初めての腰の症状が発生した後で、半分以上の患者では、腰の症状の再発が起こる。

再発した腰痛おいて、短期の予後は良好である。

最初の6週間は順調に治癒しますが、その後の治癒はごくわずかである。

慢性的な腰の症状を持つ患者は、1年後にも、中等度の疼痛と機能障害をわずらい続けていることが多い。

腰の痛みの長期的な機能障害を抱えるようになってしまうリスクが大なのは、腰部の症状なかよくつき合う事が苦手な人や、肉体を働かせることを怖がる人(1年後の時点で、2.5倍も多く機能の障害を抱える)や、機能的な障害をかかえる人や、全体的な健康度合いが低い患者や、痛みに精神的・心理的な要素がある患者である。

我国指針「外来診療」によれば、以下の通りである。

神経学的に異常サインが診られず、画像診断に異常部位が時では、3日から1週間ほどで腰痛は軽快する。

1~2週間で消失しない時では、確定診断が必須で、改めて検査が必要となります。

できるだけ普段の生活を続けて継続して、早期に職場に復帰した方が、腰痛は長引きにくい。

アメリカ・ハーバード大学のLandon 教授は以下のようにいっている。

「慢性腰痛では、多くの場合に90日以内に症状は自然に収まる。

CT検査やMRI検査や薬物注入や手術をしても、長期予後は少しも変わりません。

それらは、腰で起きている状態に、全然効き目を及ぼさない。

逆に疾病を悪化させているケースがありえます」。

世界保健機関(WHO)の「腰の症状イニシアティブ」は、次のように言っている。

「慢性的な腰部の疼痛では、大半の場合では、痛みは14日から21日以内に終息します。

どんな方法の治療法を使っても、あるいは全く使わなくても、腰の痛みは自然に改善する。

だが、ひとたび腰の痛みが慢性化すると、効用の実感できる治療方法は、ほとんど無い。

それで、腰の疼痛の慢性化を予防するが、治療の重要な目標となる。

トレーニングは、腰部の症状の症状のある期間を短縮し、日常生活の質を向上させる。

ステロイド系の薬は、経口でも非経口でも硬膜外ブロック注射でも、使う利点は無い。

椎間関節への薬物注入は、あまり役立たない」。

ブログブログブログ

浜松市・植木・造園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるニュース

楽天gooGoogle

腰痛の保存的治療。

アメリカの腰痛ガイドラインは、非特異的腰痛に対し、次のような保存的な療法を薦めています。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

非ステロイド消炎鎮痛剤。

筋弛緩薬。

ペンゾジアゼビン(抗不安薬)。

弱オピオイド。

非薬物療法。

手技療法。

運動療法。

マッサージ。

灸。

ヨガ。

リハビリ。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

おおざっぱに見てみると急性の腰の痛みのその後は明るい。

腰部の痛みと機能障害は、大抵、初期の6週以内に大きく回復します。

完全に痛みの回復する患者は、腰の痛みを訴える患者の40%~90%になります。

殆どの患者では、1年後の状態で、症状と機能障害の値は、少ない~最小限である。

42日間経っても症状のある人では、症状の減少は、じょじょにゆっくりになり、1年が経っても、疼痛の減少は、は少しである。

急性の腰部の痛みが発症した後の長期的な予後をコントロールする要因は、症状のレベル以前の腰の疼痛の経験、会社の満足度であります。

鬱病職を失くした悲運などメンタル的な問題があると、腰部の疼痛は痛みが減少しにくくなる時がある。

一番初めの腰の症状が起きたのちに、半分以上の患者は、腰痛の再発が起こる。

再発した腰の症状においても、短期的な見通しは良好です。

最初の42日間は順調に回復するが、それから後の治癒は微々たるものである。

慢性腰痛をかかえる患者は、12ヶ月後にも、中等度の疼痛と機能障害を持ち続けていることが多い。

腰部の疼痛が原因の長期的な機能障害を抱えるようになる危険が高いのは、腰の症状とうまく付き合うことが苦手な人や、体を動かすことを恐怖する人(1年後の時点で、2.5倍も多く機能障害をかかえる)や、機能的な障害をかかえる患者や、トータル的な健康度がとぼしい人や、症状に精神的な要素がある患者である。

日本のガイドライン「外来診療」では、後述の通りであります。

神経学的に異常サインが発見されず、CTやMRIの診断に異常個所が無いケースでは、3日から1週間程度で腰部の症状は回復する。

7~14日間で軽快しない場合には、原因診断が不可欠で、再検査が必要となります。

できるだけこれまでどうりの生活を続けて継続して、早急にに職に復帰した方が、腰痛は遅延しにくい。

アメリカ・ハーバード大学のLandon 教授は後述のようにいっている。

「慢性的な腰の症状では、大半の場合で12週以内に痛みは自然に収まる。

CT検査やMRI検査や薬物注入や外科手術をしても、長期予後はほとんど変わりません。

それらは、腰の部分で起こっている状態に、ほとんど効用を及ぼさない。

それどころか逆に病態を悪化させている診こみがありえる」。

(WHO)世界保健機関の「腰部の疼痛イニシアティブ」は、次のように語っている。

「慢性的な腰部の痛みでは、多くの時は、病状は2から3週間以内に治癒するしています。

どのような治療方法を実施も、あるいは少しも実施しなくても、腰痛は自然に治まる。

だがしかし、一度腰の痛みが慢性化すると、効用の見られる治療法は、ほとんど無くなる。

なので、腰の疼痛の慢性化を防ぐことが、治療の目的となる。

トレーニングは、腰の痛みの痛みのある期間を短期にし、日常の活動の質をよくする。

ステロイド薬は、経口でも非経口でもブロック注射でも、活用する値打ちは無いのである。

椎間関節への注射は、多くの場合役に立たない」。

ブログブログブログ

姿勢矯正・猫背矯正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース

excite忍者Google

腰痛の保存的治療。

アメリカの腰痛診療ガイドラインは、非特異的腰痛に対し、次のような保存療法を推奨している。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

非ステロイド消炎鎮痛剤。

筋弛緩薬。

抗うつ剤。

ペンゾジアゼビン(抗不安薬)。

非薬物療法。

運動療法。

鍼治療。

灸。

ヨガ。

リハビリ。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

全般的に言えば、急性の腰の痛みのその後はいい。

腰の痛みと機能障害は、たいていの場合、初めの6週間程度で大幅に改善する。

完全に痛みの消える患者は、全体の40%から90%に上る。

大多数の人では、1年後の時点で、症状と機能障害の度合いは、少ない~最小限である。

6週間過ぎても症状のある患者は、改善は、徐々にスローになり、一年が経過しても、痛みの減少はほんの少しである。

突然の腰の疼痛が発症したあとの長期てきな見通し支配する原因は、疼痛のレヴェル以前の腰部の疼痛の経験、仕事場の満足度であります。

うつ病、働き口を失った不運などの心理的な問題があると、腰の疼痛は疼痛が減りにくくなるケースがある。

一番最初の腰の疼痛が発症したあとで、半分以上の患者は、腰部の症状の再発がある。

再発した腰部の痛みにおいても、短期の見通しは良好です。

最初の6週間は大きく改善するが、それから後の改善はごくわずかである。

慢性的な腰部の疼痛を抱える患者は、12ヶ月後にも、中等度の疼痛と機能障害を持ち続けているケースが多い。

腰部の症状の長期的な機能の障害を持つようになるリスクが大なのは、腰部の症状仲良く付きあうのが苦手な人や、体を働かせることを怖がる患者(1年後の時点で、2.5倍も多く機能の障害を持つ)や、機能的な障害のある患者や、全般的な健康度合いがとぼしい人や、疼痛に精神的な要素がある患者である。

我が国の腰痛の指針「外来診療」によれば、後述の通りであります。

神経学的に異常兆候が無く、画像所見に異常がないケースでは、3日から1週間ほどで腰部の疼痛は治癒する。

1~2週間で減少しない時には、確定診断が必須で、再検査が必要となります。

なるべく普段の生活を保ちつつ、なるべく早急に職場に復帰した方が、腰部の痛みは長く患いにくい。

米国ハーバード大学のLandon 教授は次のように言っている。

「慢性的な腰痛は、多くの場合で12週以内に痛みは自然に回復する。

CT検査やMRI検査や薬物注入や外科的手術をやっても長期的には全然変わりません。

それらは、腰のところで起きていることに、効き目を与えない。

それどころか逆に損傷部位を悪くさせている見こみがありえる」。

世界保健機関の「腰痛イニシアティブ」は、以下のようにいっいるて。

「慢性的な腰の疼痛では、大方の時は、病状は2から3週間以内に治癒するしています。

どんな方法の施術をたくしても、又は少しも利用しなくても、腰部の痛みは自然と改善する。

しかし仮に、いちど腰の疼痛が慢性的化すると、効き目の実感できる方法は、ほとんどない。

そのため、腰部の症状の慢性化を防ぐことが、治療の主の目的となる。

運動プログラムは、腰痛の痛みのある期間を短くし、日常生活の質を高める。

ステロイドは、経口でも非経口でも硬膜外注入でも、用いる値打ちはないのである。

椎間関節への薬物注射は、たいてい値打ちはない」。

ブログブログブログ

頭突キング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らなかったニュース

seesaagooGoogle

腰痛の保存的治療。

アメリカの腰痛ガイドラインは、非特異的腰痛に対して、以下のような保存的治療を薦めています。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

非ステロイド消炎鎮痛剤。

抗うつ剤。

弱オピオイド。

非薬物療法。

手技療法。

運動療法。

マッサージ。

鍼治療。

灸。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

おおまかに言えば、突然の腰の疼痛の見通しはよい。

症状と機能障害は、大抵の場合、初期の6週間の内に大幅に改善します。

完全に症状の消える患者は、腰痛患者全体の40%から90%にたっします。

殆どの患者では、1年後の状態で、疼痛と機能障害の値は、少ない~最小限である。

6週間過ぎても症状の存在する患者は、疼痛の減り方は、少しずつスローになり、1年が経っても、回復はごくわずかである。

急性の腰の痛みが発生したあとの長期てきな予後を左右する原因は、苦痛のレベル前の腰の症状の体験、仕事場の満足度である。

鬱病仕事を失った不運などのメンタル的な悩みがあると、腰部の症状は治りにくくなるケースがあります。

最初の腰部の疼痛が出た後に、半数以上の人では、腰痛の再発が見受けられる。

再発した腰の痛みおいて、短期的な予後は良好であります。

最初の6週間は順調に回復するが、それ以降の回復はほんの少しである。

慢性的な腰痛を抱える患者は、1年後にも、中等度の疼痛と機能障害を患い続けていることが多い。

腰痛が原因の長期的な機能障害を持つようになる危険が大なのは、腰痛と上手につき合う事が下手な患者や、身体を使うことを怖れる人(1年後の時点で、2.5倍も多く機能障害をわずらう)や、機能的な障害をかかえる患者や、全般的な健康度が低い人や、症状に精神的・心理的な要素がある患者である。

我が国の腰痛のガイドライン「外来診療」によれば、以下の通りです。

神経学的に異常な兆候が診られず、CT検査やMRI検査の診断に異常がなければ、3日から1週間くらいで腰痛は改善する。

7~14日間で消失できないケースでは、原因追求が必要で、改めて検査が必要となります。

なるべく今までの生活を保ちつつ、早目に職場に復帰した方が、腰部の症状は遅延しにくい。

アメリカ・ハーバード大学のLandon 教授は後述のようにいっている。

「慢性的な腰部の症状では、大多数の場合で90日以内に苦痛は自然と改善する。

CT検査やMRI検査や薬物注入や手術をやっても長期予後はほとんど変わりません。

それらは、腰の処で起こっている状態に、少しも影響力を及ぼすことはない。

逆に事態を悪くさせている見こみがありえます」。

WHO世界保健機関の「腰痛イニシアティブ」は、後述のように述べている。

「慢性的な腰の疼痛は、だいたいの時は、苦痛は14日~21日以内に収まるしています。

様々な方法の治療を使っても、あるいは全く使わなくても、腰の疼痛は自然と回復する。

だが、いちど腰の症状が慢性化すると、有効性の期待できる治療方法は、ほとんどない。

なので、腰の疼痛の慢性化を防ぐことが、治療の最も重要な目的となる。

トレーニングは、腰部の痛みの疼痛のある期間を短期にし、生活のレベルを良くさせる。

ステロイドは、経口でも非経口でも硬膜外ブロック注射でも、使用する長所は見当たらない。

椎間関節への薬物の注射は、たいてい値打ちはない」。

ブログブログブログ

カイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースについて知りたい

ココログMARUTAGoogle

腰痛の保存的治療。

米国の腰痛のガイドラインは、非特異的腰痛に対し、後述のような保存的な治療を推奨している。

セルフケア。

活動性を保つアドバイス。

薬物療法。

アセトアミノフェン。

非ステロイド消炎鎮痛剤。

筋弛緩薬。

抗うつ剤。

ペンゾジアゼビン(抗不安薬)。

弱オピオイド。

非薬物療法。

手技療法。

運動療法。

マッサージ。

鍼治療。

灸。

ヨガ。

自律訓練法。

NO.35腰痛の予後。

全般的に見れば突然の腰部の痛みのその後はいい。

腰部の痛みと機能障害は、たいていの場合、最初の6週間の内に大きく改善する。

完璧に治癒する人は、全体の40%から90%になる。

大多数の患者では、1年後の時点で、症状と機能障害の度合いは、少ない~最小限である。

六週間後症状のある人は、痛みの減少は、じょじょにゆっくりになり、12ヶ月が経過しても、疼痛の減り方は微々たるものである。

突然の腰部の痛みが発生したあとの長期てきな見通し左右する要因は、苦痛のレベル以前の腰の疼痛の経験、仕事の満足度であります。

うつ病、働き口を失くした悲運などメンタル的なトラブルがあると、腰痛は症状が減少しにくくなるケースがある。

一番初めの腰の痛みが発生したあとで、半数以上の患者では、腰の疼痛の再発が見られる。

再発した腰の疼痛においても、短期的な見通しは良好です。

初めの42日間は大きく治癒しますが、それから後の治癒は微々たるものである。

慢性的な腰部の疼痛をわずらう人は、1年後にも、中等度の症状と機能障害を患い続けている場合が多い。

腰の症状による長期的な機能の障害をかかえるようになってしまう危険性が大きいのは、腰部の症状なかよくつき合うことが苦手な人や、肉体を使うことを恐怖する患者(1年後の時点で、2.5倍も多く機能の障害を持つ)や、機能的な障害を抱える患者や、全般的な健康度合いがとぼしい人や、疼痛に精神的な原因がある人である。

我が国の指針「外来診療」では、以下の通りである。

神経学的に異常所見が認められず、画像診断に異常が無いケースでは、3日から1週間で腰の痛みは消失する。

1~2週間で治癒できない場合には、原因診断が必須で、さらに検査が必要となる。

できるだけ日常生活を保ちつつ、なるべく早目に職場に復帰した方が、腰の疼痛は長く患いにくい。

アメリカ・ハーバード大学のLandon 教授は以下のようにいっている。

「慢性的な腰部の痛みは、大抵のケースに12週以内に苦痛は自然と改善する。

CT検査やMRI検査や薬物注入や手術をしても、長期予後は変わらない。

それらは、腰のところで起こっていることに、少しも効果を及ぼすことはない。

逆に原因を悪くさせている場合がありえます」。

WHO世界保健機関の「腰の症状イニシアティブ」は、以降のように言っている。

「慢性腰痛では、ほとんどの時は、苦痛は2から3週間以内に回復するする。

様々な療法を利用しても、又は少しもしなくても、腰の疼痛は自然と治まる。

しかし仮に、一度腰部の症状が慢性的化すると、効き目の観られる方法は、ほとんどない。

なので、腰痛の慢性化を防ぐことが、治療のおもな目標となる。

トレーニング・プログラムは、腰の痛みのある期間を短期にし、生活のレベルを良くする。

ステロイド薬は、経口でも非経口でも硬膜外注入でも、使用する長所は存在しない。

椎間関節への薬物の注入は、あまり価値は無い」。

ブログブログブログ

みるい熊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月9日 | トップページ | 2015年7月11日 »