« 2015年7月5日 | トップページ | 2015年7月7日 »

2015年7月6日

ニュースについて考える

ココログMARUTAGoogle

国民健康サービスNHS(英国の)では。

(英国の)国民健康サービスでは、次のような治療を受けてはならないと言っている。

理由は、後述のような方法は、非特異的腰痛の治療法に有効だという医学的根拠があまりないからだそううである。

ステロイドまたは麻酔薬を注入する多様な注射は、いいところ偽薬効果しかなく、やめるべきである。

日本ペインクリニック学会報告では、椎間関節注射は、効果があり医学的根拠もあると言っている。

手術。

椎間板損傷が、足に拡散する強い症状を引き起こし、あるいは脚を衰弱させ、あるいは膀胱機能のトラブルを発し、あるいは膀胱機能の制御を困難にするようなケースでは、手術は有益な可能性もあります。

また、脊柱管狭窄症の患者には、外科的処置は、有効かもしれない。

もし、これらのような問題が無いのであれば、外科手術を用いることで利益を期待できるはっきりした証拠は見付けられない。

椎間板手術(脚の痛みの原因椎間板を部分的に切除すること)は、保存的な治療などを対比すると短期に疼痛の除去をもたらすことができます。

椎間板手術は、1年後には、より良い成果もたらす事ができますが、4年後、10年後には、保存療法に差は無くなる。

より侵襲度の低いマイクロ椎間板切除術は、普通の椎間板切除術と比べると、同様の成果をもたらすだけである。

その他の状況下では、多くの場合では、外科的手術を薦めるべき医学的根拠は見つけられない。

椎間板疾患になされる外科手術の長期の効用は、明確ではないのです。

侵襲のより少ない外科的な対処方法は、改善までの日数を節約するが、有効性のエビデンスは、不充分である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰の部分に限定した症状を発する患者に用いられる。

これらの手術を後押しする医学的証拠が存在する。

この手術の効果は、真剣に身体的治療を行うのと同じくらいであり、保存的治療などを少しだけ行うよりちょっとだけ効果的くらいである。

脊椎融合手術は、脊椎すべり症の人が、保存療法などを受けてみて回復が困難だった、そのような時考えられるが、この手術をやってみてよい効果を得た患者はわずかしかいない。

脊椎を融合させる手術の方式が、複数実施されているが、他の手術方式より効果的であるという医学的根拠のある手術方式は無い。

脊椎を融合させる間は、背骨を固定する道具を脊椎に装着する。

この処置はリスクを高めるが、疼痛や機能低下には、何の効き目ももたらさない。

ブログブログsigur ros

カイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを知りたい

SO-netJUGEMGoogle

(イギリスの)国民健康サービスNHSでは。

(英国の)国民健康サービスNHSでは、後述のような治療を受けてはならないと言っている。

訳は、以下のような治療法は、非特異的な腰痛の回復に効果的という科学的証拠がほとんど見られないからだそううである。

ステロイドまたは麻酔薬を注入するあらゆる注射は、良くてプラセーボ効果程度しかなく、中止すべきであります。

日本ペインクリニック学会は、椎間関節注射は、効能があり科学的証拠もあるとしている。

手術。

椎間板ヘルニアが、脚に放散する強烈な疼痛を発症し、あるいは脚を弱体化させ、あるいは膀胱機能の症状を引き起こし、あるいは膀胱のコントロールを困難にする時は、外科的処置は、効果的な可能性もある。

また、脊柱管狭窄症の人には、外科的処置は、有用とも考えられます。

もしも、このような問題が無いのであれば、外科手術を用いることによって症状の回復を得られるしっかりした根拠はない。

椎間板手術(脚の痛みを起こす椎間板を部分的に切除すること)は、保存的やり方を比較すると短期に症状の除去をもたらすできるようです。

椎間板切除術は、1年後には、よりよい成果もたらすことができますが、4年後、10年後には、非手術療法との違いはなくなります。

より侵襲度の低いマイクロ椎間板切除術は、従来の椎間板切除術と対比すると、同様の結果をもたらすだけである。

そのほかの場合では、だいたいの時は、手術を推奨すべきような科学的根拠は存在しない。

椎間板変性になされる外科的手術の長期の効き目は、明確でないのです。

侵襲のわずかな外科的な治療は、治癒までの時間を節約するが、効果についての医学的根拠は、不充分である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰部に限定した痛みを持つ人になどに行われる。

この外科手術を後押しする証拠がある。

この外科手術の効果は、熱心な身体的治療をすることと同じ程度であり非外科的治療などを少しだけ行うよりわずかに良い程度である。

脊椎融合手術は、脊椎すべり症の人が、保存治療などを受けて治癒が見られなかったような時考慮されるが、この手術をしてみていい効果を得た人はわずかです。

脊椎を融合させる手術の手術方式が、多数実施されているが、他の手術方法より勝っているというエビデンスのある方式は見当たらない。

脊椎を融合させる間は、背骨を固定する道具を背骨に装着する。

この方法は危険を高めるが、疼痛や機能低下に、何の回復ももたらさない。

ブログブログブログ

みるい熊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らなかったニュース

SO-netJUGEMGoogle

国民健康サービスNHS(英国の)では。

(イギリスの)国民健康サービスでは、以下のような治療を受けてはならない。

根拠は、後述のような治療は、非特異的な腰痛の回復に有益という科学的証拠がほぼ無いからだそううである。

ステロイドまたは麻酔薬を注入するあらゆる注射は、いいところプラセーボしかなく、やめるべきであります。

日本ペインクリニック学会報告では、椎間関節注射は、有益であり科学的根拠もあるといっている。

手術。

椎間板ヘルニアが、下半身に拡散する重度の症状を発し、あるいは脚を衰弱させ、あるいは膀胱の症状を発現し、あるいは膀胱の制御を困難にするような時は、外科的処置は、有用とも考えられるかもしれません。

また、脊柱管狭窄症の人には、外科的処置は、有効かもしれません。

もし、前述のような問題が無いのなら、外科手術を行うことにより症状の改善を期待できる明瞭な根拠はない。

椎間板切除術(脚の痛みの原因椎間板を部分的に切除すること)は、保存的治療法などを比べると短期間に痛みの除去をもたらすことができる。

椎間板手術は、1年後には、より良い成果もたらすことができますが、4年後、10年後には、手術以外の治療と違いはなくなります。

より侵襲度の少ないマイクロ椎間板切除術は、普通の椎間板切除術と比べて、似たような結果をもたらすだけである。

そのほかの状況では、だいたいの時外科的手術を推奨すべきような根拠は見当たらない。

椎間板の変性に行う外科手術の長期間にわたる効用は、明確でないのです。

侵襲のより少ない外科的なやり方は、治癒までの日数を削減するが、有用性の医学的証拠は、不完全である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰部に限定した疼痛をわずらう患者になどに使用される。

この外科手術を支持する科学的根拠が存在する。

この外科手術の効果は、熱心な身体的治療を行うことと同じ程度くらいであり保存治療などを少しだけするより少しは良いくらいである。

脊椎融合手術は、脊椎滑り症の患者が、保存的な治療を用いても回復が見込めない、そんな時考慮されるが、この手術を受けていい効果を得た人はごくざすかしかいない。

脊椎を融合させる手術の方法が、数多く行われているが、他の術式より優れているという科学的根拠のある手術方法はないようである。

脊椎を融合させる間は、背骨を固定する道具を脊椎に装着する。

この処置は危険を高めるが、症状や機能低下には、何の改善ももたらさない。

ブログブログブログ

MJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話題のニュース

HatenaココログGoogle

(イギリスの)国民健康サービスでは。

(イギリスの)国民健康サービスNHSでは、後述のような治療法を受けてはならない。

どうしてかと言うと、以下のような治療は、非特異的な腰痛の回復に効果的だという医学的根拠がほとんどみられ無いからです。

ステロイドまたは麻酔薬を注入するさまざまな注射は、いいところプラセーボ効果程度しかなく、辞めるべきです。

日本ペインクリニック学会では、椎間関節への注射は、効能があり科学的証拠もあると言っている。

手術。

椎間板ヘルニアなどの椎間板損傷が、脚に広がる重篤な症状を出し、あるいは下半身を衰弱させ、あるいは膀胱の障害を起こし、あるいは膀胱のコントロールを困難にするようなら、手術は効果的な場合も考えられます。

また、脊柱管狭窄症のある人には、手術は有益な場合も考えられます。

もし、これらの問題がないのでなら、手術を用いることで痛みの改善を得られる明確な根拠は無い。

椎間板切除術(脚の痛みの原因椎間板を部分的に切除すること)は、保存的な療法などを対して早く症状の回復をもたらすことができます。

椎間板手術は、1年後には、より好ましい成果もたらすことができますが、4年後、10年後には、保存的治療との違いは無くなります。

より侵襲度の少ない椎間板切除術は、通常の椎間板切除術と比べて、同様の結果をもたらすだけである。

その他の状況下では、たいていのケースでは、外科的手術を推奨すべきような科学的証拠はない。

椎間板変性になされる外科手術の長期の効用は、不明瞭である。

侵襲のごく少ない外科的な治療は、改善までの時間を短縮するが、有用性の医学的根拠は、不完全である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰部に限定した痛みを生じる人になどに用いられる。

これらの手術を支持する医学的証拠は存在します。

この外科的手術の有用性は、まじめに身体的治療をすることと同じ程度くらいであり保存的な治療などを少しだけするより少しは効果的程度です。

脊椎融合手術は、脊椎すべり症の患者が、保存治療などを試しても治癒できなかった、そんなケースで考慮されるが、この手術をしていい結果を得た患者はごくわずか。

脊椎を融合させる手術の術式が、多く使用されているが、用いられているが、他の手術方法より価値があるというエビデンスのある方法は見当たらない。

脊椎を融合させる間は、背骨を固定する器具を脊椎に装着する。

このやり方は危険を増大するが、疼痛や機能の低下には、何の効果ももたらさない。

ブログブログブログ

アトピー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースについて考える

YahooGoogle

(イギリスの)国民健康サービスでは。

(イギリスの)国民健康サービスでは、以下のような治療を受けてはならないと言っている。

なぜなら、以下のような治療は、非特異的腰痛の治癒に有効という根拠がほぼないからだそううである。

ステロイド系または麻酔薬を注入する数々の注射は、いいところプラシーボ程度しかなく、やめるべきです。

日本ペインクリニック学会では、椎間関節注射は、有効であり医学的証拠もあるとしている。

手術。

椎間板ヘルニアなどの椎間板損傷が、脚に広がる重度の痛みを発し、あるいは脚を弱体化させ、あるいは膀胱機能の問題を引き起こし、あるいは膀胱機能の制御を困難にするようなケースでは、外科的処置は、有用かもしれない。

また、脊柱管狭窄症のある人には、外科手術は、有効な可能性もある。

もしも、このような問題が無いのなら、外科的処置を用いることにより病状の改善を得られるしっかりした科学的証拠は無いようである。

椎間板手術(脚の痛みを起こす椎間板を部分的に切除すること)は、保存的な治療を対比すると短時間に疼痛の減少をもたらすできるようです。

椎間板切除術は、1年後には、より好ましい結果をもたらす事ができますが、4年後、10年後には、保存療法に差はなくなる。

より侵襲度の低いマイクロ椎間板切除術は、従来の椎間板切除術と比較して、同じような結果をもたらすだけである。

その他の場合では、多くのケースでは、手術を勧めるべき医学的根拠はない。

椎間板障害に用いる外科手術の長期間にわたる効き目は、はっきりしたものはないのである。

侵襲のより少ない外科的な対処は、回復までの時を削減するが、有用性の科学的証拠は、不充分である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰の部分に限局した症状を患う人になどに行います。

これらの手術を推奨する科学的証拠が存在する。

この外科手術の効果は、まじめに身体的治療を行うのと同じ程度であり非外科的治療を少しだけするよりちょっとだけいいくらいである。

脊椎融合手術は、脊椎すべり症の人が、手術以外の療法などを試してみて改善しなかった、そのような場合に検討されるが、この外科手術をしてみて好ましい結果を得た患者はわずかしかいない。

脊椎を融合させる手術の術式が、複数考案されているが、他の術式より価値があるという科学的証拠のある方法はないのである。

脊椎を融合させる間は、背骨を固定する道具を背骨に装着する。

この処置は危険性を増やすが、疼痛や機能低下には、何の回復ももたらさない。

ブログブログブログ

姿勢矯正・猫背矯正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースについて知りたい

ココログココログGoogle

国民健康サービスNHS(英国の)では。

国民健康サービス(英国の)では、後述のような治療を受けないようにいっている。

理由は、以下のような治療は、非特異的腰痛の治療法に有益だという根拠がほとんどないからです。

ステロイドまたは麻酔薬を注入する多様な注射は、いいところプラシーボ効果くらいしかなく、行わないべきである。

日本ペインクリニック学会は、椎間関節注射は、効能がありエビデンスもあるといっている。

手術。

椎間板ヘルニアが、足に広がるひどい症状を発現し、あるいは脚を衰弱させ、あるいは膀胱機能の問題を発現し、あるいは膀胱の制御を困難にするケースでは、外科手術は有益な可能性もあります。

また、脊柱管狭窄症のある人には、外科手術は、効果的かもしれません。

もし、前述のような問題が無いのであれば、外科的処置を用いることにより利益を得られる明瞭な医学的証拠は見つけられない。

椎間板切除術(脚の痛みを起こす椎間板を部分的に切除すること)は、保存的な治療などを比べて短期間に痛みの除去をもたらすことができる。

椎間板切除術は、1年後には、より良い結果をもたらす事ができるが、4年後、10年後には、非手術療法との差は無くなる。

より侵襲度の低い椎間板切除術は、多くの椎間板切除術と対比して、似たような成果をもたらすだけである。

その他の状況では、たいていのケースでは、外科的手術を勧めるべき証拠は存在しない。

椎間板疾患に用いる手術の長期的な効果は、はっきりしたものはないのである。

侵襲のごく少ない外科的な処置は、回復までの時間を節約するが、有効性の科学的根拠は、不充分である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰の部分に限局した症状をわずらう人に行われる。

この外科的手術を推奨する科学的根拠はあります。

この手術の効果は、真剣に身体的治療を行うことと同じ程度であり保存的治療を少しだけするより少しは改善する程度である。

脊椎融合手術は、脊椎滑り症の人が、保存的な治療をしてみて治癒が難しかった、そのような場合考えられるが、これらの外科的手術をしてよい結果を得た人は少ない。

脊椎を融合させる手術の方式が、数多く行われているが、他の手術方式より効果的であるという医学的根拠のある方式はないようである。

脊椎を融合させる間は、背骨を固定する道具を背骨に装着する。

この方法は危険性を高めるが、症状や機能低下に、何の効用ももたらさない。

ブログブログブログ

カイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースについて考える

excite忍者Google

(イギリスの)国民健康サービスNHSでは。

国民健康サービス(英国の)では、次のような治療を受けないように言っている。

どうしうてかというと、後述のような治療法は、非特異的腰痛の治癒に有益というエビデンスがほとんどないからである。

ステロイドまたは麻酔薬を注入するあらゆる注射は、良くてプラセーボくらいしかなく、辞めるべきであります。

日本ペインクリニック学会の見解では、椎間関節への注射は、有益であり証拠もあるといっている。

手術。

椎間板損傷が、足に拡散する強烈な症状を発症し、あるいは下半身を衰弱させ、あるいは膀胱の問題を発症し、あるいは膀胱の制御を困難にするような場合、外科手術は有効な可能性もあります。

また、脊柱管狭窄症のある患者には、外科手術は、効果的とも考えられるかもしれません。

もしも、これらのような問題がないのであれば、手術を受けることにより痛みの改善を得られるはっきりした科学的根拠は無い。

椎間板手術(足の痛みの原因椎間板部を切除すること)は、保存療法などを対比して短時間で症状の改善をもたらすできるようです。

椎間板手術は、1年後には、よりよい成果もたらすことができますが、4年後、10年後には、非手術治療と違いはなくなる。

より侵襲度の低いマイクロ椎間板切除術は、多くの椎間板切除術と比べると、同じような成果をもたらすだけである。

それ以外の状況では、たいていの場合は、手術を勧めるべき医学的証拠は無い。

椎間板変性に対する外科手術の長期的な効果は、はっきりしたものはないのである。

侵襲の少ない外科的な方法は、回復までの時を短縮するが、効き目についての根拠は、不完全である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰の部分に限局した痛みを患う患者に対して行われる。

この外科的手術を後押しする科学的証拠は存在します。

この外科手術の効果は、真剣に身体的治療をすることと同程度くらいであり保存的治療などを少しだけ行うよりわずかに良い程度です。

脊椎融合手術は、脊椎滑り症の人が、保存治療を受けてみて回復が見込めない、そんな場合検討されるが、これらの外科手術を用いてよい効果を得た患者はわずかしかいない。

脊椎を融合させる手術の術式が、多数考案されているが、他の方法より良いという科学的証拠のある方法はありません。

脊椎を融合させる間は、脊椎を固定する器具を背骨に装着する。

このやり方は危険性を増大するが、症状や機能低下には、何の改善ももたらさない。

ブログブログブログ

画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース

seesaalivedoorGoogle

国民健康サービスNHS(イギリスの)では。

国民健康サービス(英国の)では、後述のような治療法を受けてはならないといっている。

根拠は、後述のような治療法は、非特異的腰痛の改善に効能があるという科学的証拠がほぼ無いからだそううである。

ステロイド薬または麻酔薬を注入する様々な注射は、いいところプラシーボ効果くらいしかなく、行わないべきである。

日本ペインクリニック学会提言では、椎間関節への注射は、有益でありエビデンスもあると言っている。

手術。

椎間板障害が、足に放散する重篤な症状を引き起こし、あるいは下半身を衰弱させ、あるいは膀胱のトラブルを引き起こし、あるいは膀胱のコントロールを難しくするケースでは、外科手術は有用な可能性もあります。

また、脊柱管狭窄症の人には、外科的処置は、有益な可能性もある。

もしも、これらのような問題が無ければ、外科手術を行うことで症状の回復を得られるはっきりした科学的根拠は無いようである。

椎間板切除術(脚の痛みの原因椎間板部位を切除すること)は、保存的なやり方などを比べると短期間に症状の減少をもたらすことができます。

椎間板切除術は、1年後には、より良い結果をもたらす事ができますが、4年後、10年後には、保存的治療との差は無くなる。

より侵襲度の低いマイクロ椎間板切除術は、通常の椎間板切除術と比較して、同様の結果をもたらすだけである。

それ以外の場合では、おおくの場合、手術を勧めるべき科学的証拠は存在しない。

椎間板疾患に用いる手術の長期の効果は、はっきりしたものはないのです。

侵襲のわずかな外科的な治療方法は、治癒までの日数を短くするが、効き目についての医学的根拠は、不完全である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰部に限定した痛みを発する患者に対して利用される。

これらの外科手術を後押しする科学的証拠は存在します。

この手術の効き目は、熱心な身体的治療を行うことと同じ程度であり手術以外の治療を少しだけ行うよりわずかに有益であるくらいです。

脊椎融合手術は、脊椎すべり症の人が、保存的な療法などを用いてみても改善が難しかったような時考慮されるが、これらの外科的手術を用いて好ましい効果を得た人はごくわずか。

脊椎を融合させる手術の方法が、複数試されているが、他の手術方法より好ましいという根拠のある方式はないのである。

脊椎を融合させる間は、脊椎どうしを固定する器具を背骨に装着する。

このやり方は危険を高めるが、痛みや機能低下に、何の治癒ももたらさない。

ブログブログブログ

アトピー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースについて知りたい

楽天AmebaGoogle

国民健康サービス(英国の)では。

国民健康サービスNHS(イギリスの)では、以下のような治療法を受けないようにいっている。

なぜなら、以下のような方法は、非特異的腰痛の治療に効果的という科学的証拠がほとんど無いからだそううである。

ステロイドまたは麻酔薬を注入する数々の注射は、いいところプラシーボしかなく、行わないべきであります。

日本ペインクリニック学会のエビデンスでは、椎間関節への注射は、効能があり医学的証拠もあるといっている。

手術。

椎間板損傷が、脚に放散するひどい症状を出し、あるいは下半身を弱体化させ、あるいは膀胱の障害を発症し、あるいは膀胱のコントロールを難しくする時は、外科的処置は、有効な場合も考えられます。

また、脊柱管狭窄症の人には、外科手術は、効果的な可能性もあります。

もし、前述のような問題がないのであれば、外科手術を受けることで改善を期待できる明瞭な医学的証拠はない。

椎間板手術(脚の痛みの原因椎間板を部分的に切除すること)は、保存療法を対比すると短期間に疼痛の除去をもたらすできるようです。

椎間板手術は、1年後には、より好ましい結果をもたらす事ができますが、4年後、10年後には、保存的治療法との差は無くなります。

より侵襲度の少ないマイクロ椎間板切除術は、従来の椎間板切除術と比較して、似たような成果をもたらすだけである。

それ以外の場合では、ほとんどのケースでは、手術を勧めるべき医学的証拠は存在しない。

椎間板の変性疾患になされる外科手術の長期間にわたる効果は、不明瞭である。

侵襲のごく小さい外科的な方法は、回復までの日数を削減するが、効用についての科学的証拠は、不完全である。

脊椎融合手術は、椎間板の変性によって腰部に限局した症状を持つ患者になどに用いられる。

これらの手術を支持する医学的根拠があります。

この外科的手術の有用性は、真剣に身体的治療を行うことと同程度くらいであり手術以外の治療を少しだけするよりわずかに良い程度である。

脊椎融合手術は、脊椎滑り症の患者が、保存的療法を行ってみて治癒できないようなケースで検討されるが、この手術を行って良い効果を得た患者はわずかしかいない。

脊椎を融合させる手術の方式が、数多く試されているが、他の方法より有効であるという医学的根拠のある手術方法は無い。

脊椎を融合させる間は、背骨を固定する道具を脊椎に装着する。

この方法は危険を増大するが、症状や機能低下には、何の治癒ももたらさない。

ブログブログブログ

みるい熊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月5日 | トップページ | 2015年7月7日 »