« 2015年7月1日 | トップページ | 2015年7月3日 »

2015年7月2日

気になるニュース

ココログMARUTAGoogle

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静にする・投薬をする・コルセットで腰を固定するなどの症状に対する治療が大半であります。

また、鍼やマッサージや柔道整復も療法としては一般には広く認知されている。

安静。

安静にさせるのは必ずしもベストな治療法とはいえません。

突然の腰痛に対して症状の出方に応じて活動状態を保持することは、安静より病状を減らし、機能を改善させるのに有益です。

仕事による腰痛に対しても、痛み方対して活動性を継続することは、さらに短時間の腰の痛みの改善につながり、休業期間の削減と後日の再発を防ぐのにも効果的である。

運動。

痛みがあっても平行して運動をする。

脳細胞から末梢神経へ下行性の抑制が働く。

運動により腰部の痛みそれ自体が改善します。

トレーニングには抑うつ効果も見込めます。

運動やトレーニングには柔軟体操(関節可動域訓練)、筋肉トレーニング(筋力増強訓練)、背骨の生理的湾曲を保つ姿勢保持がある。

腰痛では、腹筋や背筋を鍛えるといい。

トレーニングの影響は、ほぼ全ての腰痛ガイドラインで最も高い科学的根拠がある。

教育。

腰痛に対する教育(情報提供)も有用である。

「体の活動性を継続し、運動をさせ、あまり休養せずに、作業を続けるように」とアドヴァイス受けると、腰部の痛みの予後は改善する。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースについて考える

excite忍者Google

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静にする・投薬をする・コルセットを使用する当の症状に対する処置が一般的である。

鍼や灸や柔道整復も腰痛治療としては一般に広く認知されている。

安静。

安静にするのは必ずしも有益な方法ではない。

突然の腰痛に対して痛みや症状に応じて活動状態を継続することは、安静より痛みを減少し、機能を回復させるためには効果的です。

仕事による腰痛に対して、症状は痛みに応じて活動状態を維持することは、より早期の疼痛の改善につながり、休養期間の短縮と以後の再発症を防ぐのにも有益です。

運動。

痛みがあっても運動療法をする。

脳から末梢へ下行性の抑制が作用する。

運動療法で腰の痛みそのものが回復する。

運動やトレーニングには抑うつ効果も見込めます。

運動やトレーニングには柔軟体操(関節可動域訓練)、筋力トレーニング(筋力増強訓練)、身体の正しいバランスを保つ姿勢保持があげられます。

腰痛では、腹筋や背筋を鍛える。

運動療法の有効性は、ほとんどの腰痛指針で最も高い科学的根拠がある。

教育。

腰痛教育(情報提供)も有用である。

「体の運動性を確保し、トレーニングなど運動を実行し、多く休まずに、作業を続けるように」とアドヴァイス受けると、腰部の痛みの予後は改善する。

ブログブログブログアトピー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるニュース

楽天AmebaGoogle

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静・投薬・コルセットで腰を固定等の症状に対する処置が一般的である。

また、マッサージや鍼や柔道整復も治療法としては一般には広く認知されている。

安静。

安静にするのは必ずしも有益な治療ではない。

ギックリ腰のような急性の腰の痛みに対し痛みの症状に応じて活動状態を継続する事は、安静を継続することよりも腰部の疼痛を減少し、機能を改善させるのには効果的である。

職業性腰痛に対しても、症状に応じて活動性を保守することは、さらに短時間の腰の症状の改善につながり、休養期間の削減と後の再発症予防にも効果的である。

運動。

痛みがあっても運動をする。

脳細胞から末梢へ下行性の抑制が働く。

運動療法で病状そのものが改善する。

運動には抑うつ作用も見込めます。

トレーニングには柔軟体操のようなストレッチ(関節可動域訓練)、筋力トレーニング(筋力増強訓練)、身体の正しいバランスを保つ姿勢保持があげられます。

腰痛では、腹筋と背筋を鍛える。

運動療法の有効性は、ほとんどの腰痛ガイドラインで最も高いエビデンスがある。

教育。

腰痛教育(情報提供)も大切です。

「体の活動性を維持し、運動などトレーニングを実行し、あまり休まずに、作業を持続するように」と助言を受けると、腰の痛みの予後は改善する。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースのことを考えよう

ココログMARUTAGoogle

非特異的腰痛の治療。

活動障害の場合。

安静にする・投薬をする・コルセットを使用する当の症状に対する治療が大多数です。

それ以外にもマッサージや鍼や灸や柔道整復も療法としては世間では広く認知されている。

安静。

安静は必ずしもベターな療法とは言い切れない。

ギックリ腰のような急な腰の痛みに対して痛みの症状に応じて活動状態を保守する事は、ベットでの安静を保つことより腰部の症状を少なくし、運動機能を回復させるのに有効であります。

職業による腰痛に対して、痛みや症状に応じて活動性を保持することは、さらに早い腰の疼痛の回復につながり、休養期間の節約と後日の再発症予防にも効果的である。

運動。

痛みがある状態と運動を行う。

脳細胞から末端へ下行性の抑制が作用する。

トレーニングにより症状が回復します。

運動やトレーニングには抑うつ効果もある。

運動療法にはストレッチ(関節可動域訓練)、筋肉トレーニング(筋力増強訓練)、正しい姿勢保持があげられます。

腰の痛みでは、腹筋・背筋を鍛えるといい。

運動の有効性は、ほぼ全ての腰痛ガイドラインで最も高い科学的根拠がある。

教育。

腰痛に対する教育(情報提供)も大切です。

「体の運動性を継続し、運動などトレーニングをし、あまり休まずに、作業を継続するように」とアドヴァイス受けると、腰痛の予後は回復する。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースのことを知る

SO-netJUGEMGoogle日本での腰痛のガイドライン。

我が国のガイドラインでは、下記ののような状態を危険サインとしている。

※腰の障害の発症歳が20歳未満、あるいは50歳以上。

※時間帯や動作に関係ない腰痛。

※胸部痛。

※がん、ステロイドホルモン治療、HIV感染の既往。

※栄養不良。

※体重減少。

※広範囲にわたる神経症状。

※構築性脊椎変形(猫背など)。

※発熱。

検査レッド・フラッグの症状が見られる場合や、改善しない神経学的な病状が続くケースや、ひどくなる症状がある場合には、画像検査をするのがベストである。

特に、がんや感染症や馬尾症候群が疑われる場合には、なるべく早くMRIやCTの検査をすることがベターである。

椎間板の病変を発見するのには、CTよりMRIの方が少々勝っている。

脊柱管狭窄症を診断するには、両者とも有益である。

また2、3の身体的な検査が有用である。

椎間板障害では、たいていの患者で下肢伸展挙上検査が陽性になる。

腰部の椎間板造影は、激痛の腰の痛みが継続する場合に、腰部の痛みの元の要因となりえる椎間板を発見するのに有用だろ思われます。

椎間板造影同様に神経ブロック的な治療的手技が、痛みの部位を見出すために使われることがあります。

このように、椎間関節への注射、変形硬膜外注射、仙腸関節への注射を、診断する目的で検査として利用することを支持するエビデンスがある。

その他の検査、例えば側彎症の検査、筋力低下の筋力検査、神経反射の減弱の検査などは、ほとんど使用されることはない。

腰部痛の訴えは、病人が、病院を訪れるとても多い疾病.の中の一つである。

多くの腰の症状は、2、3週間程度ほどしか継続せずに、ひとりでに消失する風に見えます。

医学会の提言によれば、既往歴と診断所見が、腰の痛みの原因部位となるある特定の疾患の存在を暗示しないのであれば、レントゲンやCT検査やMRI検査は必用無いのである。

医療機関に訪れる患者は、CT検査やMRIによる画像診断を期待することもあるが、レッドフラッグの所見が無い場合は、そのような検査は不要である。

決まりきった作業のCT検査やMRI検査は、コストがかかり、疾病を改善させる作用の見込めない外科手術をされる可能性が強くなり、 身体に浴びるエックス線が細胞に悪い影響を及ぼす。

痛みの原因を解明できる腰の痛みは、画像診断の1%以下でしかない。

画像検査は、症状と無関係な異常を見出して必要のない別の検査をさらに受けるように患者さんを仕向け、患者を不安にする。

しかし、そうは言うものの、アメリカのメディアの統計の内容では、1994年から2006年までに、腰のMRI検査の検査を受けた回数は、300%以上、増加した。

ブログブログブログみるい熊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースのことを知る

seesaalivedoorGoogle日本での腰痛のガイドライン。

日本のガイドラインでは、下記の状態を危険信号としている。

※発症年齢が20歳未満、または50歳以上。

※時間や活動性に関係の無い腰痛。

※胸部痛。

※がん、ステロイド治療、HIV感染の既往。

※栄養不良。

※痩せてくる。

※広い範囲にわたる神経症状。

※構築性脊柱変形(円背など)。

※発熱。

検査レッド・フラッグの兆候が見られるケースや、良くならない神経学的な症状が続く場合や、悪化する痛みがある場合には、画像検査をするのがベストである。

特に、癌や感染や馬尾症候群が疑わしい時には、直ちにMRIまたはCTの検査を受けることがベストである。

椎間板の損傷を診断するのには、CTよりMRIの方が多少優っている。

脊柱管狭窄症を判断するには、両者とも有用である。

また2、3の身体的な検査が有用である。

椎間板ヘルニアは、たいていの患者で下肢伸展挙上検査が陽性になる。

腰部椎間板造影は、重症の腰の痛みが継続する場合に、腰の痛みの元の原因となりえる椎間板障害を見つけだすのに効果的のようである。

椎間板造影検査同様に神経ブロック的な治療的手技が、痛みの要因の所を突き止めることを目的で使われることがあります。

前述のように椎間関節への注射、変形硬膜外注射、仙腸関節注射を、決定診断する目的で検査として利用することを支持するいくつかのエビデンスがある。

その他の検査、例えば側彎症の身体検査、筋力低下の検査、神経反射の低下の検査などは、ほとんど使われない。

腰の痛みの訴えは、患者が、病院を訪れる非常に多い疾病.の中の一つです。

大半の場合、症状は、2、3週間程度ほどしか続かずに、ひとりでに無くなる風に見える。

医学会のアドバイスでは、現病歴と診察所見が、腰部の痛みの要因となるある特定の障害の存在を示唆しなければ、エックス線検査やCT検査やMRI検査は不要である。

患者さんは、CTやMRI検査による画像検査を要望することもあるが、レッドフラッグの兆候が見当たらないケースは、それらの検査は不必要である。

決まりきった手順としてのCT検査やMRI検査は、経費がかかり、症候を回復させる効用の無い外科手術を受ける可能性が強くなり、 体に浴びる放射線が体の細胞に悪い作用を及ぼす。

腰部の痛みの要因を特定できるものは、画像診断検査の1%以下である。

画像診断検査は、腰痛の症状と関係性の無い異常箇所を見つけだして無意味な別の検査をさらに受診するように患者を誘導し、患者さんを不安にする。

そうは言うものの、米国のメディケアの統計データによれば、1994年から2006年までの12年間に、腰のMRI検査の数は、300%以上、増大した。

ブログブログブログ浜松市・植木・造園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースのことを考えよう

seesaagooGoogle日本での腰痛のガイドライン。

日本での指針では、下記のような状態を危険な状況と警告している。

※腰痛発症歳が20歳より下あるいは50歳以上。

※時間帯や活動性に関係なく起こる腰痛。

※胸部痛。

※癌、ステロイド治療、エイズ感染の既往。

※栄養失調。

※体重減少。

※広い範囲にわたる神経症状。

※構築性脊柱変形(円背など)。

※発熱。

検査レッド・フラッグの兆候がある時や、よくならない神経学的な兆候が継続する場合や、悪化する病状がある場合には、画像検査を受けるのがベターである。

特に、がんや感染や馬尾症候群が疑われる場合は、直ちにMRIまたはCTの検査を行うことがベターである。

椎間板の疾患を診断するには、CTよりMRIの方が多少勝っている。

脊柱管狭窄症を診断するには、両方とも有益である。

また2、3の身体的な検査が有用である。

椎間板ヘルニアでは、大抵の患者で下肢伸展挙上検査が陽性となります。

腰部椎間板造影は、激痛の腰の痛みが継続する時に、腰の痛みの元の原因となりえる椎間板の障害部位を探し当てるのに効果的だろ思われます。

同じ様に神経ブロックなどのような治療的手技が、原因の所を決定診断する為に用いられることがあります。

前述のように椎間関節注射、変形硬膜外注射、仙腸関節への注射を、診断的な検査として用いることを支持するいくつかの臨床結果などがある。

他の身体的検査、例えば側彎症の身体検査、筋力低下の検査、神経反射の低下の検査などは、ほとんど使用されることはない。

腰の痛みの訴えは、病人が、医療機関を訪れるとても多い病気の中の一つである。

大半の腰部の症状は、2、3週間くらいしか持続せずに、ひとりでに消失する風に見えます。

医学会の助言によれば、既往歴と診察結果が、腰痛の原因部位となる特定の病気の存在を示唆しないのであるならば,エックス線写真やCT検査やMRI検査は必用無いのである。

患者は、CTやMRI検査による画像診断を願い出ることもあるが、レッドフラッグの兆候が診られないケースでは、それらの検査は不要である。

手順をしての画像検査は、経費がかかり、症状を回復させる効用の見込めない外科手術を受ける可能性が大きくなり、浴びるエックス線が体に悪影響を及ぼす。

症状の原因を決定診断できる腰痛は、画像診断検査の1%以下に過ぎない。

画像診断検査は、症状に関係の無い異常箇所を見つけだして不必要な他の検査を加えて受診するように患者さんをうながし、患者さんを不安な気持ちにする。

そうは言うものの、アメリカのメディアのデータによれば、1994年から2006年までにの間に、腰のMRI検査の検査を受けた件数は、300%を超え、拡大した。

ブログブログブログカイロプラクティック・整体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌市電、西4丁目停留場も移設…ループ化の一環(レスポンス)

札幌市電、西4丁目停留場も移設…ループ化の一環(レスポンス)

分配信とニュースに関して、興味があります。
だが、最近目停留場に関する情報をよく見かけます。
そして実は、軌道敷に関する情報を読んで、ビビビと感じました。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150627-00000000-rps-soci


札幌市電、西4丁目停留場も移設…ループ化の一環 レスポンス 6月27日(土)7時15分配信 //windowPopup function popWindow(…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良市、広島交通圏、大分市でタクシー減車へ…国交省が特定地域に指定(レスポ…

奈良市、広島交通圏、大分市でタクシー減車へ…国交省が特定地域に指定(レスポンス)

国交省と広島交通圏について、とても気になります。
レスポンスに関して気になることはもちろんですが、タクシーや国土交通省に関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
かつ、気になったこととして、特定地域の情報は、非常に注目しています。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00000002-rps-soci


奈良市、広島交通圏、大分市でタクシー減車へ…国交省が特定地域に指定 レスポンス 6月28日(日)7時30分配信 //windowPopup function …
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特殊車両通行許可審査システムに不具合…算定結果に最大300件誤りか(レスポ…

特殊車両通行許可審査システムに不具合…算定結果に最大300件誤りか(レスポンス)

算定結果はなんだかとても面白そうですね。
しかしながら、算定結果に関する情報を読んで、ビビビと感じました。
気になったところから言いますと、算定結果に関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000006-rps-soci


特殊車両通行許可審査システムに不具合…算定結果に最大300件誤りか レスポンス 6月29日(月)10時15分配信 //windowPopup function…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラレコ導入やIT活用した過労運転防止に取り組む事業者を支援…国交省(レス…

ドラレコ導入やIT活用した過労運転防止に取り組む事業者を支援…国交省(レスポンス)

分配信について、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。ニュースについても同様に。
気がついたのですが、高度化について、Wikipediaでよく調べてみようと思います。具体的についても調べてみたいですね。
さらに、業者当について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000008-rps-soci


ドラレコ導入やIT活用した過労運転防止に取り組む事業者を支援…国交省 レスポンス 6月29日(月)10時45分配信 //windowPopup functio…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASV導入する事業者に補助金…衝突被害軽減ブレーキの補助対象を3.5t超に…

ASV導入する事業者に補助金…衝突被害軽減ブレーキの補助対象を3.5t超に拡大(レスポンス)

補助対象の情報については、再確認をしておいた方が良さそうだと思います。
かつ、気になったこととして、補助対象と先進安全自動車は、果たして相関性があると言えるのでしょうか。
しかし実は、注意喚起装置の話を聞くとおなかがいっぱいになります。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150629-00000034-rps-soci


ASV導入する事業者に補助金…衝突被害軽減ブレーキの補助対象を3.5t超に拡大 レスポンス 6月29日(月)16時15分配信 //windowPopup fu…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館市電、親子向け見学会を駒場車庫で開催…8月10・11日(レスポンス)

函館市電、親子向け見学会を駒場車庫で開催…8月10・11日(レスポンス)

やはり見学会と分配信は相容れないようです。
気になったところから言いますと、ニュースの話題を見ると、なんだか嬉しくなります。
また、参加費用はなんだかとても楽しそうですね。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000000-rps-soci


函館市電、親子向け見学会を駒場車庫で開催…8月10・11日 レスポンス 7月1日(水)5時57分配信 //windowPopup function popWi…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総務省、ドローンで撮影した映像をインターネットで公開する場合のガイドライン…

総務省、ドローンで撮影した映像をインターネットで公開する場合のガイドライン案を策定(レスポンス)

ガイドラインに関する記事を読んで、非常に興味が湧きました。
インターネットに関して気になることはもちろんですが、小型無人機とドローンは、いったいどのような相関関係で結ばれているのでしょう。
かつ、気になったこととして、プライバシーの情報について、注意深くみています。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000017-rps-soci


総務省、ドローンで撮影した映像をインターネットで公開する場合のガイドライン案を策定 レスポンス 7月2日(木)11時48分配信 //windowPopup f…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国交省、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化(レスポンス)

国交省、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化(レスポンス)

分配信について、とても気になります。
かつ、果たして、道路運送車と重量車はどのような相関性があるのか、よく考えてみたいですね。
また気になったこととしては、とても気になる記事です。特に、総重量と引自動車について気になります。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000037-rps-soci


国交省、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化 レスポンス 7月2日(木)16時14分配信 //windowPopup function popWind…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国土交通省、スマートIC 4カ所の新設を決定…準備段階調査を今年度から開始…

国土交通省、スマートIC 4カ所の新設を決定…準備段階調査を今年度から開始(レスポンス)

今年度の情報は、要確認の情報だと思います。
また、今年度に関する情報は、ふ~ん、といった感じですね。
かつ、まさかアクセスが出てくるとは思いませんでした。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000040-rps-soci


国土交通省、スマートIC 4カ所の新設を決定…準備段階調査を今年度から開始 レスポンス 7月2日(木)16時45分配信 //windowPopup funct…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃料油の国内販売が2カ月連続でプラス、ガソリンはマイナス…5月(レスポンス)

燃料油の国内販売が2カ月連続でプラス、ガソリンはマイナス…5月(レスポンス)

やはりガソリンと国内販売は相容れないようです。
だが、果たして、プラスとエネルギーはどのような相関性があるのか、突き詰めて考えてみたいですね。
そして、まさかジェットが出てくるとは思いませんでした。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000044-rps-soci


燃料油の国内販売が2カ月連続でプラス、ガソリンはマイナス…5月 レスポンス 7月2日(木)17時30分配信 //windowPopup function po…
続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月1日 | トップページ | 2015年7月3日 »